ハードディスクが故障したかも・・・あなたが取るべき行動は?


PCのハードディスクドライブが故障



パソコンが起動しなくなった・・・え?もしかしてHDD逝った・・・?
大切なデータが入っているのに・・・これって直るの?

HDD(ハードディスク)が故障してしまっても、すぐにあきらめず、まずはデータ復旧を試してみてください!

実は当サイトの管理人自身、過去にパソコンに搭載されたHDD(ハードディスク)が壊れて大変な思いをした経験があります。その際にHDD(ハードディスク)の復旧方法について色々と調べ、様々な復旧方法を実際に試してみました。

最終的にHDD復旧業者にハードディスクの修理依頼を出したところ、データを元通りしてもらえました。しかも想像よりもはるかに安い価格で。

管理人が利用したHDD復旧業者はこちら

当サイトでは、HDD復旧方法やHDD復旧業者・ソフトの選び方を管理人の実体験からまとめています。さらに、口コミ評価と合わせておすすめのHDD復旧業者・ソフトも特徴別にランキング形式でご紹介しているので、あなたのHDD復旧に最適な方法がきっと見つかるでしょう。

今すぐHDD復旧業者おすすめランキングへ







まずは2つのHDD復旧方法から選ぶ

ハードディスクの復元手段

HDD復元の方法には、「復旧業者に任せる」と「復旧ソフトを使って自分で直す」という2つのパターンがあり、どちらを選ぶべきかはHDDの状況によって違います。

そして、選ぶ決め手は、以下の4つのポイントです。

  1. 故障しているHDDが物理障害か論理障害か
  2. 業者とソフトの復旧確率の違い
  3. デバイス/OS/バージョンの対応状況
  4. 料金

1つずつ順番にご説明していきましょう。


物理障害と論理障害:
物理障害の場合はHDD復旧業者に依頼が必要

不具合を起こしたHDD(ハードディスク)は、物理障害と論理障害の2種類に分けることができます。

そして、物理障害の場合はHDD業者に依頼する必要があり、論理障害の場合は業者かHDDかを選ぶ余地があります。

物理障害と論理障害の違いは以下の通りです

障害区分 物理障害 論理障害
破損箇所 HDD本体 HDD内部のデータ
主な症状 異音・異臭の発生
起動できない
誤消去
ファイルの自動更新
データの初期化
復元手段 業者に依頼 業者に依頼
ソフトを利用


物理障害とは、HDD(ハードディスク)本体に異常が生じる障害のこと。HDD本体から変な音や異臭が発生したりして、明らかにハードディスク自体に異常が生じている場合は物理障害です。

この場合は部品の交換や本体の分解が必要となり、復旧ツールでは直せないため、HDD復旧業者を利用してください。
HDD復旧業者の選び方へ

一方、論理障害というのは、HDD自体は認識するものの、データに異常が発生している不具合のこと。 データを誤って消去してしまったり、保存したファイルの一部を読み込まなかったり開かなくなったり、初期化されてしまったり場合などが論理障害に該当します。

HDDそのものに異常があるわけではないので、データ復旧ソフトなどを使って自力で直すことができる可能性があるのが論理障害の特徴です。

ご自身のHDDに論理障害の疑いがある場合は、他の項目を確認しながら業者依頼かソフト利用かを決められるので、このまま読み進めてください。

ここまで紹介したように、物理障害論理障害では症状と復旧方法が大きく違います。HDD復元をする際は、ご自身のハードディスクの症状がどちらであるかを正しく把握する必要があります。


どちらか分からない場合は、業者への依頼がおすすめ

「物理障害か論理障害か分からない」という場合は、できれば業者を利用することがおすすめ

なぜかというと、仮に本体の故障に気が付かずに安易にデータ復旧ソフトを利用すると、 HDDの症状を悪化させてしまうことがあるため。

安全にハードディスクのデータ復旧を行いたいのであれば、最初からハードディスク本体の故障にも対応してくれるHDD復旧業者を利用することをおすすめします。




復旧確率:
業者の方が復旧確率は高い

HDDが復旧できるかどうかは状況によって違いがあり、「どんなデータでも100%復旧可能」といいう絶対の方法はなく、業者やソフトによっても復旧率は違います。

実際、当サイトの管理人も複数のHDD復旧業者にデータ復旧依頼を出したところ、あるHDD復旧業者には「データ復旧ができません」という連絡が来て復旧作業を断られましたが、 別のHDD復旧業者に依頼してみるとデータ復旧ができるという連絡が来ました。

しかし、一般的な話をすれば、HDD復旧率はソフトよりも業者の方が高いです。実際にHDD復旧率はソフトが50%であることに対し、復旧業者はほとんどが80%以上

ちなみに、HDDのデータは、復旧を試みるほど負担がかかり、復旧率が下がってしまうことがあると言われています。そのため、大事なデータであればあるほど、取り返しのつかないことになってしまう前に信頼できる業者などに依頼した方が安全です。 また、「機械の操作に不安がある」という方も、復旧業者を選ぶことをおすすめします。
HDD復旧業者の選び方へ

ご自身で復旧ソフトを使ってハードディスクの復元作業を行う場合は、利用方法を間違えるとHDDの症状が悪化する可能性があるため、データ復旧ソフトに関する正しい知識を持ち、最新の注意を払って作業を行いましょう。
復元ソフトの選び方へ

デバイス/OS/バージョンの対応状況:
ソフトの場合は要確認

HDDには様々なデバイス・OS・バージョンがありますが、業者やソフトによって対応している種類に違いがあります。そのため、どの業者・ソフトでお持ちのHDDの復旧対応が可能かを確認しましょう。

復旧業者の場合は、復旧対応が可能なHDDの範囲が広く、基本的に業者に渡すだけで済むことが多いです。
HDD復旧業者の選び方のポイントを確認

一方、ソフトの場合は、ソフトによって対応OSやバージョンが違うため、ご自身で確認の上で利用する必要があります(ソフトの場合は、パソコン上で操作をするため、正常なパソコンが使える環境が必須です)。
復元ソフト対応OS/バージョンを確認


料金:
ソフトは一律、業者は症状によって異なることが多い

HDDの復旧方法を選ぶ上で最後のポイントになるのが、料金。 HDD復旧にかかる費用は、業者よりもソフトの方が安いです。

HDD復旧ソフトは無料のフリーソフトがあったり、有料のものでも5,000円〜10,000円程度。一方、業者の場合は、障害の内容によって料金が違いますが、数万円以上が相場です。

業者にHDD復旧を依頼する場合は症状によって大きく異なり、相場価格は一概に「いくら」と表現しにくい部分はありますが、今回は、ハードディスクの障害内容と障害度合いで6つに分類し、データ復旧業者の相場価格と自力復旧時に必要な金額をまとめてみました。

障害内容 障害度合い 業者の相場価格 自力復旧費用
物理障害 7〜13万円 困難
15〜40万円
20〜70万円
論理障害 3〜6万円 0〜1万円
5〜10万円
10〜25万円

このように、HDD復旧に必要な金額は、物理障害か論理障害かという「障害内容」と、「障害の重さ」で決まります。ちなみに、論理障害よりも物理障害の方がデータ復旧作業が大変なので、相場金額も高めです。

ただし、いくら安いからと言って料金だけを比較して安易に復旧ソフトを購入してしまうと、「うまくいかなくて結局業者に依頼しなければいけなくなった…」ということにもなりかねません。

ソフト+業者の料金が二重にかかり、かえって損をしてしまうということがないように注意しましょう。


中には一律料金のHDD復旧業者も

一般的には症状に応じて料金が変わるHDD復旧業者ですが、中には一律料金で復旧してくれる業者もあります。

PCエコサービスという業者は障害内容に関わらず一律39,800円でHDDを修復。 初回の症状診断も無料で、復旧できなければ費用を払う必要はありません。

「ぼったくられた…」「法外な金額を請求された…」という心配がないため、分かりやすい価格設定を希望する方や、複数のHDD復旧業者に見積もりを出してもらう時間がない方は、PCエコサービスがおすすめです。

≫PCエコサービスの詳細はこちら






まとめ:業者とソフトを比較

ここまでご説明した「HDD復旧業者・復旧ソフトを選ぶ際の比較ポイント」をまとめました。
業者 ソフト
HDDの状態 物理障害・論理障害に対応 論理障害のみ
復旧率 80%〜 50%程度
対応デバイス/OS/バージョン 業者に渡せば対応してくれる 自分で対応ソフトを探す
料金 数万円〜 無料〜10,000円

上の表を踏まえると、以下のような方の場合は、業者にHDD復旧を依頼することをおすすめします。

  • HDDが物理障害である
  • 多少お金をかけても確実性・安全性を優先
  • 自力で機械の操作することに不安がある

HDD復旧業者ランキングをチェック!


一方、以下のような方の場合は、HDD復旧ソフトの利用も検討可能です。

  • HDDが明らかに論理障害である
  • パソコン周りの知識があり、自分でデータを操作することに抵抗がない
  • 復旧率よりもとにかく料金を重視

HDD復旧ソフトランキングをチェック!


以上のポイントを踏まえて、HDD復旧業者もしくはHDD復旧ソフトどちらかの利用を決めた後は、具体的にどのHDD復旧業者・ソフトが良いのかを比較していく必要があります。

そこで、まずはHDD復旧業者から比較していきたいと思います。


口コミ評価で分かった業者の比較ポイント

HDD復旧業者を選ぶ際に重視するべきポイントには、以下があります。

  • 一律料金制を採用していること
  • 成果報酬制と初回診断無料を採用していること
  • 見積もり金額以上の料金を請求しないこと
  • 料金プランが明確かつ適正な金額であること
  • 情報保護に力をいれていること
  • 電話応対が丁寧であること

中でも特にチェックするべき点は、ずばり「価格の透明性」。

過去にHDD復旧業者を利用した方の口コミ評価を調査したところ、復旧できるかどうかはもちろん、値段に関する指摘が目立ちました。

評価の高い口コミ

  • たったの2日間でデータ復旧してくれた
  • 即日で初期診断の結果を出してくれて電話対応も丁寧だった
  • 初回の診断が無料なので症状を診てもらうだけでも利用価値あり
  • 水濡れしたので諦めていたデータが元通りになった
  • 費用が思ったほどかからなかった
  • 成果報酬制なのでダメ元で出してみようと思った
  • 無料ソフトでは直らなかったデータが元通りになった

評価の低い口コミ

  • ネット上では数万円と表記があるのに、見積もりを出したら30万円も請求された
  • 見積もり金額よりもはるかに高いお金を請求された
  • 担当者の電話対応がひどくて電話口で営業された
  • 前金を持ち逃げされた
  • なんだかんだいって情報漏洩のリスクが怖かった
  • 業者に出したのに直してもらえなかった

口コミからも分かるように、HDD復旧業者は「初回診断が無料」「成果報酬制」などの料金体系が重要な評価基準になっています。そして、不満としては「見積もり金額が高すぎる」などの金額関連の口コミが見られました。

これには、HDD復旧業者特有のサービスの仕組みが関係しています。

業者にHDD復旧を依頼する際は、まず復旧したいHDDを業者に渡します。そして、業者がそのHDDを復旧が可能かどうかを診断し、可能な場合はこの段階で見積もり金額が出ます。見積もりに同意すると正式に申し込みが成立し、HDDの修理が始まります。HDDを復旧できない場合や、依頼をキャンセルする場合はそのまま返却されます。

HDD復旧業者の利用の流れはこのようになっているため、良くない業者に当たってしまうと「診断だけでお金をとられた」「復旧できなかったのに費用がかかった」「ホームページに載っていた金額と見積もりが全然違う」となどのトラブルに繋がりかねません。

そのため、HDD復旧業者を選ぶ際は、無料診断・成果報酬・一律料金などが導入されている会社を選ぶと安心です。 実績やセキュリティはもちろん、このように価格設定が分かりやすいという点が、良いHDD復旧業者選びのポイントと言えるでしょう。

それでは、以上を踏まえた上でおすすめのHDD復旧業者をランキング形式で発表していきたいと思います。


HDD復旧業者ニーズ別おすすめランキング

まずは、「実績」「セキュリティ対策」「価格設定」などから総合的におすすめのHDD復旧業者をご紹介します。

【PCエコサービス】 復旧料金一律39,800円!
ハードディスクのデータ復旧おすすめ業者「PCエコサービス」

PCエコサービス最大の魅力は何と言っても39,800円という一律料金
通常、物理障害か論理障害かという障害内容と、その障害の重度によってデータ復旧料金は変わりますが、PCエコサービスは障害内容・重度に関わらず39,800円という安さ。

しかし、その安さにも関わらず、使用しているデータ復旧機器は世界最高峰の「PC-3000」。これは官公庁や警察庁で導入されている実績あるマシンです。

2016年度は5,332件の依頼件数中、4,276件の復旧に成功。復旧成功率は実に80%を超えます。具体的な実績件数をHP上で公表しているところに真摯さと安心感が感じられます。
※過去の復旧実績は、復旧依頼件数1,812件中復旧成功1,510件(2014年度)・復旧依頼件数3,762件中復旧成功3,022件(2015年度)

初期検査費も無料で、ハードディスクのデータ復旧に成功した時のみ費用発生という完全成果報酬制も、復元費用を掛けたくない人にとって嬉しいサービスです。


公式サイト
お問い合わせフォームへ


料金 料金備考 特記事項 評価
一律39,800円 成果報酬制 大企業との取引実績
TV番組での取材実績
★★★★★

【デジタルデータリカバリー】
国内売上シェア11年連続No.1!
デジタルデータリカバリー画像

デジタルデータリカバリーは、国内売上シェア11年連続No.1(2007〜2017)で全国から依頼が殺到している企業です。

その理由は、他社ではデータ復旧できないHDDデータ復元案件(年間約1,000件)を取り扱っているからというのが第一に挙げられます。
利用者からは、「他社でなおせなかったものがなおった」、「他社より早く作業してもらった」といった多くの声があがっています。

高い復旧率、作業の早さ(最短当日納品)、ISO規格取得の技術力と安全性。
初期診断無料・成功報酬型といった安心の料金体系も魅力的。3分自己診断といったサービスもHP上で利用可能のためまずはアクセス!


作業現場へ見学に行きました!≫


公式サイト
お問い合わせフォームへ


料金 料金備考 特記事項 評価
HDD20GB未満5,000円〜 成果報酬制 最短当日納品 ★★★★☆

【ピーシーキッド】 20年の実績を誇る、データ復旧老舗企業
ピーシーキッド画像

ピーシーキッドは、20年の実績と信頼を得ているデータ復旧の老舗企業です。通常のwindowsPCはもちろん、MacBook、iPad、iPhoneといったApple社製品のデータ復旧にも対応しています(ピーシーキッドはApple社認証企業)。

調査・見積もり等の初期費用は不要で、データ復旧実施時に復旧出来なかった場合は料金を一切取らないという完全成果報酬制を採用しているため、安心して依頼を行うことができます。

そして驚きはその実績。
HONDA、Panasonic、HITACHI、SONY、BRIDGESTONEといった大企業をはじめ、防衛省や国土交通省といった官公庁との取引実績、さらに海外ではアメリカ航空宇宙局(NASA)へもサービスを提供しています。

データ復旧はここに頼めばまず間違いなし!


実際に故障HDDを送ってみました!≫


公式サイト
お問い合わせフォームへ


料金 料金備考 特記事項 評価
HDD40GB未満15,000円〜 成果報酬制 大企業、官公庁との
取引実績
★★★☆☆

【DATA OK】 HDDデータ復旧を定額で!
DataOK画像

「DATA OK」のHDDデータ復旧サービスの魅力は、なんといってもわかりやすい料金体系。このようなデータ復元サービスをはじめて利用するという人にとっては、かかる費用が明瞭にわかるのはとても嬉しいものといえるでしょう。

DATA OKが展開するデータ復旧サービスの利用料金は、症状別4段階固定料金を採用論理障害「軽」(データ誤削除、ウイルス感染など)25,000円、論理障害「重」(ファイルシステム障害など)48,000円、物理障害「軽」(ディスク上の不良セクタ障害など)88,000円、物理障害「重」(磁気ヘッド損傷、モーター損傷など)144,900円という明瞭な価格体系になっています。

2010年には、イカタコウイルス作成者逮捕のニュースで、FNNスーパーニュースから取材を受け、ニュースJAPAN内で放送もされています。DATA OKは、この分野のスペシャリストとしてメディアからも認知されていることが伺えます。


公式サイト
お問い合わせフォームへ


料金 料金備考 特記事項 評価
25,000円〜 明確な固定料金 TV取材実績有 ★★★☆☆

【オントラックデータリカバリー】 業界唯一の東証上場企業!!
オントラックデータリカバリー画像

オントラックデータリカバリーは、業界唯一の東証上場企業復旧実績は40,000件以上、世界最大のデータ復旧会社KrollOntrack社と技術提携している企業です。

提携先のOntrackは、北米を中心に全世界で20年と20万件の実績を誇る業界のトップブランドです。
取引実績のある企業は、DELL、hp、BAFFALO、apple、IBM、NEC、FUJITSU、HITACHI、SAMSUNG、TOSHIBAなど、世界に名立たる企業がズラリ。まさに世界が認めたデータ復旧サービスを展開しているのがオントラックデータリカバリーの強みです。

高い技術力、正確な調査、迅速対応。世界最高水準のデータ復旧サービスならオントラックデータリカバリーへ。


公式サイト
お問い合わせフォームへ


料金 料金備考 特記事項 評価
要問い合わせ 成果報酬制
明瞭な価格体系
世界的にサービスを展開 ★★☆☆☆

以上、おすすめのHDD復旧業者の総合ランキングをご紹介しました。

しかし、中には「とにかく急ぎでHDD復旧をする必要がある」「法人で機密情報を扱っているためHDDを外に持ち出せない」などの特別な事情の方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、次の項目ではもう少しニッチなニーズに絞ってランキングをご紹介したいと思います。


ハードディスク復旧業者の特徴別ランキング

ここでは「低価格」「スピード」「手間」「セキュリティ」という4つの特徴に焦点をあて、それぞれに特に強いHDD復旧業者を3社ずつご紹介していきます。



格安復旧が魅力の業者

ここでは格安の金額でデータの復元を行ってくれる3つのデータ復旧業者をランキング形式で紹介していきます。

もちろんあまりに安過ぎると、復旧技術の質やセキュリティ対策等が気になると思います。そこで、このランキングは価格だけにフォーカスしたのではなく、信頼性の高さも考慮した上で順位を決めています。

1位

復旧料金一律39,800円のPCエコサービス

データ復旧料金一律のPCエコサービス 物理障害も論理障害も一律39,800円でデータ復旧対応してくれます。

成果報酬制を採用しているのでHDD復旧作業に成功しなければ料金の支払いは不要です。

データ復旧実績は2016年度に5,332件の依頼中、4,276件の復旧に成功という実績があります。
※2014年度は1,812件中1,510件、2015年度は3,762件中3,022件の復旧に成功

PCエコサービスの詳細



2位

国内最安のデイサポート

最安値のハードディスク修理を実現したデイサポート デイサポートは、国内最安のデータ復旧業者です。同社の特徴は、ハードディスク復旧作業の上限金額を3万円に設定していることです。

復元するデータの容量を絞れば費用を1万円以内に抑えることもできます。1円でも安い業者をお探しの方におすすめです。

デイサポートの詳細



3位

確実さと格安さを兼ね揃えたギガデータ

データ復旧の価格に定評のあるギガデータ ギガデータは、論理障害と軽度の物理障害全般を4万円で対応してくれます。

数多くの法人機関との取引実績もあるので、安さに加えて確かな復旧技術もあるのが特徴です。

ギガデータの詳細



即日対応に強い業者

一刻も早くHDDのデータ復旧をしてくれる業者をお探しの方もいると思います。今すぐにでもHDD内部のデータを復旧したいという方は、ここのランキングで紹介している3つの復旧業者の利用を考えてみるのが良いでしょう。

1位

即日の出張対応が可能なウィンゲット(旧リプラスウィング)

出張サービスを提供しているデータ復旧業者のリプラスウィング 24時間電話受付(日曜祝日以外)で、法人のHDD復旧の場合、土日祝日の夜間も即日で出張対応が可能なウィンゲット。

国内に約200の事業所があり、全国各地へ出張サービスを提供しています。

ウィンゲットの詳細



2位

年中無休で対応!データレスキューセンター

ハードディスクのデータ復旧を依頼するならデータレスキューセンター データレスキューセンターは、日曜祝日も含めて365日年中無休で問い合わせ可能なHDD復旧業者。

調査依頼から48時間以内に診断可能で、即日対応に強いHDD復旧業者です。

データレスキューセンターの詳細



3位

特急サービスを無料で対応DATA HOPE

サーバーデータ即日復旧サービスを提供しているハードディスク復元業者「DATA HOPE(データホープ)」 DATA HOPEは、特急サービスに無料で対応してくれるHDD復旧業者。

追加費用をかけることなく、即日〜3日程度でHDDを復旧してくれます。

DATA HOPEの詳細



手間が少ない業者

HDD復旧を業者に依頼する場合、業者にHDDを郵送もしくは持ち込む必要がありますが、「外に持ち出せないルールになっている…」「持ち込みも郵送も面倒!」という方にぴったりの出張・集荷サービスのあるHDD復旧業者をご紹介します。

1位

集荷&出張サービスで手間いらず!DATA OK

ハードディスクデータ復旧のアドバンスデザイン DATA OKは、梱包不要のHDD無料引き取りサービスがあり(新規のみ)、「業者に出すまでが面倒」という方も楽ちんです。

法人の場合は日本全国に出張対応が可能なので、手間のかからないHDD復旧業者でおすすめです。

DATA OKの詳細



2位

全国展開で持ち込みやすいウィンゲット(旧リプラスウィング)

出張サービスを提供しているデータ復旧業者のリプラスウィング ウィンゲットは全国に200箇所の事業所があり、持ち込みがしやすいHDD復旧業者。

また、都内の法人のHDD復旧の場合は出張サービスも可能です。

ウィンゲットの詳細



3位

都内の法人におすすめ!デジタルデータリカバリー

ハードディスクのデータ復旧実績日本一のデジタルデータリカバリー 国内最大のデータ修復業者、デジタルデータリカバリー。

首都圏の法人の場合は出張対応が可能です。24時間365日問い合わせ可能で、法人のHDD復旧に特におすすめです。

デジタルデータリカバリーの詳細



セキュリティに優れた業者

大切なHDDデータの復元を業者に頼むのですから、しっかりとした技術や実績を持つ業者を選びたいという方も多いと思います。

そこでしっかりとした実績があり大切なデータの復元作業を安心して任せることができる3つの復旧業者をランキング形式で紹介します。

1位

NASAやAppleからも信頼されるピーシーキッド

NASAと取引実績のあるハードディスクのデータ復旧業者「ピーシーキッド」 ピーシーキッドは、NASA(米国の宇宙センター)のデータ復元に携わる米国企業と提携しています。

さらに、Apple社からもデータ復旧協力企業として認定されるなど、世界の名だたる会社からも信頼の厚く、セキュリティの観点から安心できるHDD復旧業者です。

ピーシーキッドの詳細



2位

パスワード解析などの機密情報に対応、データ復旧センター

ハードディスクのデータ復旧スピードならデータ復旧センター データ復旧センターは、HDD復旧に留まらず、パスワード解析やデジタル・フォレンジック(アクセス履歴やデータの改ざん調査)も取り扱っています。

捜査機関への捜査協力も行っている、高い技術を持つHDD復旧業者です。

データ復旧センターの詳細



3位

世界トップクラスの復元技術が魅力のオントラックデータリカバリー

データ復旧実績が多いオントラックデータリカバリー 世界展開をしているHDD復旧業者、オントラックデータリカバリー。

証券取引所から個人対応まで、毎年5万件いじょうのHDD復旧を行っていて信頼できるHDD復旧業者です。

オントラックデータリカバリーの詳細






ソフトを選ぶポイント〜有料・無料の違いとは〜

HDD復旧ソフトには、有料のものと無料のものがあります。大切なデータに関わるので、単純にお金がかからないからという理由だけで無料のものを選ぶ前に、有料と無料の違いを押さえた上で選ぶことが大切です。

そこで、まずは有料ソフトとフリーソフトの違いを比較していきましょう。


有料ソフトと無料ソフトの違い

HDD復旧ソフトの有料・無料の違いは、主に以下の3つ。

  • 対応OS/バージョン
  • 復旧確率
  • 価格

対応OS/バージョン:フリーソフトはやや限られる

復旧ソフトは、ソフトによって対応OSやバージョンが違います。

OSに関しては、Windowsの場合はフリーソフトもありますが、管理人の調査では、Macに対応しているHDD復旧ソフトは有料のものしか見つかっていません

また、有料ソフトは基本的にOSの最新バージョンまで対応しているものがほとんどですが、フリーソフトで最新バージョンまで対応している復旧ソフトは少ないです。

このように、フリーソフトは対応しているOSやバージョンがないことも多いのでご注意ください。


復旧確率: 無料ソフトで復元できなかったデータを有料ソフトで修復できることも

HDD復旧ソフトの復旧確率は、HDD復旧業者に比べるとそもそも低い部分がありますが、中には「フリーソフトでは復旧できなかったけど、有料のものではできた」という口コミも。

有料ソフトはお金がかかっている分、改良が加わり品質も保証されていることも多いです。 有料ソフトでも、データの復旧が可能かどうかまでは無料で確認できるものもあるので、まずは無料体験版を利用するという方法もおすすめです。


価格:無料〜10.000円程度

フリーのHDD復旧ソフトは、もちろん無料。一方、有料のHDD復旧ソフトは、5,000円〜10,000円程度が相場です。

うまくいけばお金をかけずにデータを復旧することが可能ですが、先ほどもご説明した通り、データは復旧を試みる回数が増えるほど復旧率が下がると言われています。

そのため、「無料だから安易に何度も試した結果、業者や有料ソフトであれば復旧できるはずだったデータが復旧できなくなってしまった」などということがないよう、HDD復旧ソフトはくれぐれも慎重に選んでください。


HDD復旧ソフトは、以上を踏まえた上で選びましょう。それでは、いよいよおすすめのHDD復旧ソフトをご紹介していきたいと思います。


データ復元ソフトおすすめランキング

HDD復旧ソフトは【対応OS/バージョン】【問い合わせのしやすさ】【料金】の3つのポイントを総合的に判断して比較しました。

1位

Windowsの場合は迷わずこれ!ファイナルデータ

ファイナルデータ バージョン:★★★(最新Windows対応)
問い合わせやすさ:★★★(本社:日本)
料金:7,110円
業界シェアNo.1の実績があるファイナルデータは、Windows最新バージョンまで対応。日本の会社なので、何かあった場合も日本語で連絡ができ安心です。

ファイナルデータの詳細



2位

希少なMac対応!Ease US

Ease US バージョン:★★★(最新Mac対応)
問い合わせやすさ:★★☆(本社:中国)
料金:8,900円
ほぼ唯一のMac対応。Macユーザーの方はこちらがおすすめです。



3位

値段が格安!MagicCute

MagicCute バージョン:★★☆(Windows対応)
問い合わせやすさ:★★☆(本社:中国)
料金:4,200円
格安が魅力のHDD復旧ソフトです。Windoes7まで対応。




フリーソフトはRecuvaがおすすめ

おすすめのフリーソフトRecuva

「色々注意事項は確認したけど、やっぱりまずはフリーソフトでHDD復旧を試したい」という方におすすめのHDD復旧ソフトはRecuva。サポートは別途2,500円がかかりますが、データ復旧は無料です。

WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10に対応しているので、該当のPCをお持ちの方はぜひ利用してみることをおすすめします。


結論だけ!HDD修復におすすめの方法は?

ここまで、HDD復旧業者とHDD復旧ソフトを比較してきましたが、「やっぱりどうやって復旧するべきか迷ってしまって選べない!」という方もいらっしゃるかもしれません。 その場合は、HDD復旧業者への依頼が確実でおすすめです。

そして、先ほどご紹介したようなHDD復旧業者を選ぶ際のポイント(価格・復旧実績・セキュリティ基準・対応の丁寧さ・復旧日数など)を総合的に評価すると、特におすすめのHDD復旧業者は PCエコサービス

PCエコサービスの特徴を改めてまとめると以下の通り。

  • データ容量とHDDの症状に関わらず料金が一律39,800円(他のHDD復旧業者では100万円かかるような症状も39,800円でOK)
  • 初回の症状検査が無料、データ復元に上手くいかなければ料金の支払いが不要で価格に透明性がある
  • 復旧実績80%以上(2016年度は5,332件の依頼件数中4,276件の復旧に成功)
  • 官公庁などでも導入しているデータ解析復旧機材を使用
  • 最短3日でHDD復旧可能

「結局どこの業者がいいの?」とHDD復旧業者の選択に迷っているのであれば、まずはPCエコサービスを見てみることがおすすめです。

≫PCエコサービスの詳細はこちら




OS、タイプ別のハードディスク復旧方法

お使いのパソコンのタイプによって適切なHDD復旧方法は異なります。

例えば、Windowsを対象としているフリーソフトはMacには利用できませんし、ノート型とデスクトップ型では復旧手順が異なったりします。

HDD復旧の際には、ご自身のパソコンと相性の良い業者やツールを利用する必要があります。そこでパソコンを複数のタイプに分け、各タイプに適したハードディスクの復旧方法をまとめてみました。


Mac

実は、多くのフリーソフトはMac非対応なんです。

これを聞いて驚く人もいるかもしれませんが、多くのデータ復元ソフトはWindowsを対象にしているのでマックには使えません。それにHDD復旧業者の中にもマックを非対応としているところもあります。

このため、MacユーザーがHDD復旧を行なうには、機種に対応したソフトやハードディスク復旧業者を探す必要があります。ここでは、マックユーザーの方を対象にMacに搭載されたハードディスクの復旧方法をまとめてみました。

Macに搭載されたHDDの復旧方法は、復元ソフトを利用するか業者を利用するかの2択です。

復元ソフトを利用する際は、Macに対応したソフトを利用することが必要になります。多くのマックユーザーに利用されているHDD復旧ソフトは以下の3つです。

  • 万能データ復元
  • Photorec
  • Data Rescue4


ここで紹介した3種類の内、最初の2つのソフトはマック対応のフリーソフトです。

個人的にはHDD内部に大切なデータがたくさんあるのでしたらHDD復旧業者を利用することをおすすめします。

HDD復旧業者の中には、Macの復旧対応をしていない会社もありますが、今では多くの会社が対応してくれるようになりました。マックと相性の良いHDD復旧業者をいくつか紹介します。

  • PCエコサービス
  • データ復旧テクニカルセンター
  • データピット
  • ギガデータ


ここで紹介した4つの業者は、Macに搭載されたHDDを格安金額で復旧してくれます。特にPCエコサービスは実績もあり、物理障害でも論理障害でも一律39,800円で対応してくれるので、利用したユーザーから評価の高い口コミが多いです。

ここまで紹介したようにMacに搭載されたハードディスクを復旧するには、マックに対応した業者やソフトを選ぶ必要があります。お手持ちのマックPCの不具合でお困りの方に、今回ご紹介した情報が参考になればと思います。


Windows

ここでは、Windowsと相性の良い3種類のHDD復旧方法についてまとめてみました。お使いのウィンドウズPCの不具合にお困りの方に有用な情報となっています。

  • コマンドプロンプトを使用する
  • データ復元ソフトを利用する
  • 専門の業者に依頼する


この3つがWindowsに搭載されているHDDを復元するための主な復旧方法です。

コマンドプロンプトは、Windowsにデフォルトで備わっている機能の一つです。この機能を利用すれば、ドライブのエラーやファイルの誤消去を直すことができます。おすすめのコードとしては、rstrui.exeコマンドscannowコマンドがあります。

ほとんどのデータ復元ソフトはWindowsに対応しています。データ復元ソフトの中でもファイナルデータソフトという有料ソフトとDataRecoveryというフリーソフトの評価が高いです。

ほぼ全ての業者が、Windows搭載パソコンのHDDデータの復元対応をしてくれます。ただし、HDD復旧技術や復元料金が大きく異なります。

復元技術の高い業者をお探しならば、デジタルデータリカバリーやピーシーキッド、格安業者ならばPCエコサービスやギガデータがおすすめです。

ここではWindowsパソコンの3つのHDD復旧方法を紹介しました。

コマンドプロンプトと復元ソフトは論理障害の復旧作業をすることができます。もちろん自力復旧にはリスクが伴いますので、データ復旧作業を安全に行いたい方はHDD復旧業者を利用した方が良いでしょう。


Linux

搭載OSによってHDD復旧方法は異なるので、Windowsを想定した通常のデータ復元方法は、Linux(リナックス)に適しません。リナックス搭載PCの復元には、Linuxに対応した復旧ソフトや復旧業者を利用する必要があります。

ここでは、リナックスと相性の良い3種類のHDD復旧方法についてまとめました。

  • 復旧コマンドを使用する
  • データ復元ソフトを利用する
  • 専門の業者に依頼する


この3種類がLinuxをOSとしているハードディスクの主なデータ復元方法です。

復旧コマンドは、リナックスに備わっている機能で消去ファイルの復元やシステムエラーの解消をしてくれます。

おすすめのコマンドとして「fsckコマンド」「losfコマンド」があります。これらのコマンドを使えば、簡単なデータの不具合であれば解消できます。

データ復元ソフトを利用すれば、ご自身で基本的な論理障害の対応はすることができます。ただし、フリーソフトのほとんどはWindowsを対象としているのでLinuxにも使えるものを利用する必要があります。

リナックス環境でも使えるおすすめのHDD復旧ソフトは「EaseUS」「R-Studio」の2種類。両方ともリナックスに対応していることに加えて、無料のフリーソフトなので使い勝手が良いと評判のソフトです。

HDD復旧業者を利用すれば、ハードディスク本体の不具合も直すことができます。リナックスと相性が良い業者としては、DataWorksやピーシーキッドがあります。

業者の中には、Linuxに対応していない会社も一部ありますので、業者利用の際には確認するようにしましょう。


デスクトップ

デスクトップパソコンはノートパソコンと違い、持ち運びが難しいのでHDD復旧作業の手間はノートパソコンの比ではありません。そこで、デスクトップタイプのHDD復旧をおこなう際に大切な3つのポイントをまとめてみました。

1.パソコンのOSを確認する
一括りにデスクトップパソコンといっても、各機種で搭載されているOSが異なります。 自分でやるにせよ復旧業者に任せるにせよ、適切なHDDの復旧方法は搭載OSに応じて異なるのでOSを確認しましょう。

2.本体の異変を調べる
ご自身でPCから異音がしないか、機体の温度や臭いを嗅いでみて本体の異常がないかどうかを確認しましょう。

本体に異常がなさそうであれば、論理障害の可能性がありますのでパソコンに搭載されたOSに合ったHDD復旧ツールを利用しましょう。

3.出張作業してくれる業者を利用する
電源がつかなかったり、異臭が発生したりして本体に不具合がありそうな場合は、HDD本体に異常が発生している物理障害が疑われます。

電源コードなどの取り外しが困難であれば、出張作業をしてくれるHDD復旧業者を検討されるのもひとつの方法です。出張サービスをしてくれるハードディスク復旧業者としては、リプラスウィングが有名です。

ここではデスクトップタイプのHDD復旧方法をまとめました。もちろん「デスクトップPC」といっても搭載OSやサイズがバラバラです。

そのため、HDDデータの復元作業に着手する前に本体の異常と搭載OSを確かめることで、最適な復旧方法は何かをまず考えた方が良いでしょう。


ノートパソコン

ノートPCは持ち運びが便利な半面、デスクトップPCよりもハードディスクが損傷するリスクが高いのが特徴です。 ここではノートPCユーザーを対象にHDD復旧の際に大切な3つのポイントを紹介します。

1.搭載OSを確認する
ノートパソコンと一括りにいっても搭載OSは、各機種で異なります。最適なフリーソフトや適切なHDD復旧業者を見つけるためにも搭載OSの確認が必要です。OSを確認した上で相性の良いHDD復旧ソフトや業者を利用しましょう。

2.本体の異常に注意する
ノートパソコンから異臭や異音が発生している場合は、ハードディスク本体が壊れている可能性が高いです。

この場合は無理に自分で直そうとすると症状が悪化する確率が高まりますので、まずは本体にどんな異変が発生しているのかをチェックをしましょう。

3.なるべく業者を利用する
HDDの損傷が原因でデータの異常が発生することがあります。物理障害が疑われる場合は、ハードディスク復旧業者の無料診断を利用することをおすすめします。

特に、外部にノートパソコンを頻繁に持ち運ぶ方やPCを落とした記憶がある方は、本体が破損している可能性が高いです。

復旧業者を利用すると高いお金がかかるイメージがありますが、格安のHDD復旧業者もたくさんあります。

例えばここまで何度か紹介したPCエコサービスというHDD復旧業者は、初回の診断が無料な上、論理障害、物理障害問わず一律39,800円で対応してくれます。価格の面でも復旧技術の面でも利用したユーザーからの評価が高いのでノートパソコンに搭載されたHDDの復旧作業にぴったり。


おすすめのHDD復旧業者はこちら

≫ PCエコサービスの詳細情報