業者ともめる5つのポイントとその対応策

イメージ:トラブル回避


  • 「法外な金額を請求された」
  • 「前金の持ち逃げ」
  • 「データの復元の失敗」

このような話を聞いたことはないでしょうか。実際、HDD復旧業者の中には十分な復元技術がない業者や、適正ではない高額な請求をする悪徳業者があります。もちろん、このような悪徳業者は一部であり、大多数の復旧業者は良心的です。

しかし、悪徳業者は一定数存在していますし、素人ではHDD復旧業者の良し悪しを判斷するのは困難です。そのため、未然にトラブルを避けるためにも悪徳業者の見分け方代表的な消費者トラブルを理解することは大切です。

このコンテンツでは、代表的な5つ消費者トラブルとその予防策を取り上げています。このコンテンツを読むことで、評価の低いHDD復旧業者を選ばないようにする知識を身につけましょう。





HDDをデータ復旧時の高額請求

高額請求

業者が一方的な高額請求をすることは頻繁に起こる消費者トラブルの一つです。質の低い復旧業者は、利用者のHDDに関する知識の浅さを利用します。

自分のハードディスクの復旧金額を予想するのは、相当な知識がないと困難です。

そのため、業者から「〇〇円なら完全にデータが復元する」と言われてしまうと鵜呑みにしてしまいがちです。また、業者の中には預かったHDDを故意に破壊することでより高額な金額を請求するケースもあるという話もあります。

このように消費者の知識不足につけこみ、高額な金額を吹っかけてくることがありますので、業者からの高額請求の被害に合わないためにも料金体系が明確な業者を利用するのがおすすめです。

業者によってはHDDの症状毎にデータの復元料金の目安を開示しているところがあります。高額請求のトラブルに合わないためにも、料金が不明確な業者の利用を避ける事が望ましいです。

また、業者によってはHDDデータの復元料金に上限を設けているケースもあります。このような復旧業者を利用すれば、度を超えた金額を請求されることがありません。個人的には、こうした上限金額を設定している業者や、一律料金制度を採用している業者をおすすめします。

悪徳業者は高額請求をしたり、ひどい場合はHDDを故意に破壊する場合も


前金やディスクの持ち逃げトラブル

前金トラブル。ディスクの持ち逃げ。

前金制を採用している会社は数多くあり、こうした会社は、料金が支払われた後にHDDの復旧作業に移ります。しかし、データの復元に失敗した場合、HDD本体は返却してもらえますがお金が戻ってこないケースがあります。

これは、「データは復旧していないにも関わらずお金は取られる」という絶対に避けたい事態・・・。無駄金を払うことを避けるためにも事前にデータ復旧に失敗した際の返金ルールを確認しておきましょう。

個人的には、成果報酬制という料金体系を採用しているHDD復旧業者の利用をおすすめします。この成果報酬制は、データの復元に失敗すると料金を請求しない&前金を返すシステムです。成果報酬制を採用している業者ならば、前金トラブルのリスクを減らすことができるでしょう。

成果報酬制なら復旧が成功した時にだけ料金が発生

業者の倒産や店主の夜逃げにより、HDD本体や前金の持ち逃げ被害に遭ったという口コミを見たことがあります。万が一このようなトラブルに遭遇してしまった場合は、警察や消費者センターに問い合わせるようにしましょう。


HDD内部の情報漏えいリスク

個人情報漏えい

HDD復旧業者の情報保護やセキュリティー対策は業者によって大きく異なります。機密機関顔負けのセキュリティー規準の会社から警備会社と提携しているだけの会社まであります。

セキュリティー対策が甘い業者を利用するとHDD内部のデータが外部に漏洩するリスクがあります。復旧業者の中には、HDDに関する知識が乏しい人がフリーの復元ソフトを利用してデータの復元を行っているケースも少なからずあります。

このような会社は、情報保護のセキュリティーも市販のウィルスソフトだったりするのでセキュリティー対策が非常に脆弱と言わざるを得ません。そのため、高いセキュリティー対策を実施している専門の業者と比較すると情報漏洩や外部からのハッキングリスクが高くなります。

より悪質な行為としては、復元したデータを外部の業者に転売することです。このような信じられないことをおこなうHDD復旧業者はほとんどありませんが、全くゼロとは言い切れません。

このような情報漏洩のトラブルに巻き込まれないためにも下記の3点を確認しましょう。

  • セキュリティー規格を保有しているか
  • 機密保持契約を書面で保証しているか
  • 業者のセキュリティー対策の内容はしっかりしているか


セキュリティー規準は業者の公式サイトで確認することできます。特にISO27001プライバシーマークのようなセキュリティー規格を保有している業者は安心と言えます。

HDDの故障状態の悪化

データ復旧時に起こるトラブル

HDDデータの復元技術は、業者によって大きく異なります。実際、日本国内にはNASAから信頼されている業者から素人が運営している会社まであります。データ復元関係での一番のトラブルは、不適切な業者を利用してHDDの症状を悪化させてしまうことです。

一度、ある業者でHDD本体を分解してしまうと他社では対応が難しくなる場合があります。つまり、復旧を希望するHDDの症状に対応できない業者を選んでしまうと、データの復元が不可能になる可能性があるということです。

このようなトラブルを避けるためにも、あなたの選んだ業者があなたのHDDの故障に対応できるかどうかを確認する必要があります。もちろん、専門家ではないと各業者の復旧技術を正当に評価するのは困難です。

そこで目安となる項目を3つ紹介したいと思います。

  • 重度の物理障害に対応可能か
  • 充分なデータ復元実績があるか
  • 大企業と取引しているか


特に「大企業と取引しているかどうか」は業者を選ぶひとつの指標になります。というのも、有名な企業はデータの復元技術が低い業者と取引をしない傾向にあるからです。そのため、私達が普段耳にする企業と取引のあるHDD復旧業者は十分なデータ復元技術がある可能性が高いです。


見積もり後の水増し請求

水増し請求

データの復旧金額が、見積もりを超えることは頻繁に起こりうるトラブルです。

HDD復旧業者の中には、見積もり時に意図的に金額を下げる業者がいます。この場合、復旧作業が終わってからの納品直前に大幅な増額を請求されることがあります。

復旧依頼をした人からすると、業者の増額が水増し請求なのか本当に費用として発生した金額なのかを判断することは難しいでしょう。そのため、こういったトラブルを避けるためにも業者を選定する際には料金体系の確認が大切です。

おすすめは、「見積もり後金額の増額をしない」方針を掲げているHDD復旧業者の利用です。このような業者は、基本的には一度出した復旧金額でデータの復元作業を行ってくれます。

そのため、データの復元後に業者から増額を請求されるトラブルを未然に防げます。見積もり後の増額はよくある業者とのトラブルですが、業者の下調べをすれば避けることができるトラブルですので、事前の情報収集は必ずするようにしましょう。


明確な料金体系である事が大事です

悪質なHDD復旧業者を避ける3つのポイント

悪質業者

ここまで、代表的な5種類のHDD復旧業者とのトラブルを紹介しました。ここからは、悪徳業者を避けるための3つのチェックポイントを紹介します。

  • 利用者の口コミ
  • メールや電話のやりとり
  • 過去の実績

利用者の口コミ

過去の利用者の口コミを見れば、実際に復旧業者を利用した人の感想を知ることができます。そのため、あまりに口コミが悪い業者は何かしらの問題を抱えている可能性があるので、避けるのが賢明でしょう。ただし、ネット上の口コミなので嘘の可能性もありますし、ライバル業者によるステマの可能性も捨て切れない、ということも覚えておきましょう。

メールや電話でのやりとり

メールや電話でのやりとりの対応は、会社の社風をうかがい知ることができます。ホームページでは素晴らしい業者に見えますが、実際はどうかわかりません。電話やメールで担当者と直接連絡をすることは、会社の真の姿を見ることができます。

過去の実績

過去の実績とは、創業年数取引企業復旧件数などです。創業年数の長さや有名企業との取引実績、実際の復旧件数は、その会社の信頼性を証明します。

このようにトラブルを避けるためには、上記で紹介した3つのポイントを押さえておきましょう。


悪徳業者の被害に合った際の3つの相談機関

相談機関

悪徳な復旧業者とのトラブルに巻き込まれた際は、感情的な行動を起こすのではなく専門家に相談することをおすすめします。具体的な相談機関としては、以下の3つです。

消費者生活センター

各種の消費者トラブルについて相談に乗ってくれます。クーリングオフや業者のサービスによって直面した被害に対するアドバイスをしてくれます。

警察

悪徳商法などの被害に遭った場合に調査をしてくれます。

法的機関

国が提供している「法テラス」等の法的機関を利用すれば、費用をかけずに裁判等ができます。

消費者センターや、警察、法テラスなど


絶対にやるべきではないのはSNS等で会社の誹謗・中傷をすることです。状況によっては、名誉毀損としてあなたが訴えられる可能性があるので、トラブルに直面しても感情的な行動は取らないようにしましょう。 何かあったら専門家に相談するというのが一番賢明なトラブル解決法です。


このコンテンツでは、代表的な5つのHDD復旧業者とのトラブルとその対策方法を紹介しました。悪徳な復旧業者は多くはありませんが、一部存在するのは事実です。

悪徳な業者に関わって大きなトラブルに巻き込まれないためにも、あなた自身で事前に対策をしておくことが大切です。