あなたの大切なデータは高確率で復元する

SSDのデータ復旧が80%以上の高確率で復元する

このコンテンツではSSDの不具合にお困りのあなたのためにSSDのデータ復旧方法について紹介していきます。

「まずい、SSDのデータが認識しない・・・
データ復旧がうまくいかないと大変なことになる・・・」

こんな不安を抱きながらSSDのデータ復旧方法をお探しではないでしょうか。

実は私もパソコン内部のSSDがクラッシュして必死にデータ復旧方法を探した経験があります。昔の私と同じようにSSDのデータ復旧方法をお探しのあなたに朗報があります。

落ち着いて聞いて下さい。

SSDのデータ復旧作業はSSDの症状に合った復旧方法を利用するだけで80%を超える確率で成功します。

データが復元しないケースは実は少ない

この事実を知るだけで少しはほっとしないでしょうか?

今回のコンテンツではSSDのデータ復旧に関する3つの原則と2種類のデータ復旧方法についてまとめています。



矢印




SSDのデータ復旧における3つの大原則

データ復旧3つの大原則

このコンテンツのはじめにSSDのデータ復旧作業に取り組む際に知っておきたい3つの大原則を紹介してきます。

起動するかどうかをチェックする

SSDの不具合が気になりましたらパソコンに電源を入れてパソコンが起動するかどうかをチェックしたいですね。

SSDの不具合は大きく分けてSSD本体がおかしくなっているケースとSSD内部のデータに支障が発生するケースに分かれます。

電源を入れてきちんとパソコンが起動しないケースですとSSD本体が故障していることが考えられます。SSD本体が故障してしまうと自分の力で復旧作業に取り組むのが難しくなるのでプロにデータ復旧作業を頼むことになります。

逆にきちんとパソコンが起動するケースですとSSD本体の不具合ではなくてデータ関連の障害が疑われます。データ関連の障害ですと自力で復旧作業に取り組むことも不可能ではありません。

パソコンがきちんと起動するかどうかでSSDの復旧方法は大きく変わるのでまずは正常に起動するかをチェックしましょう。

不具合の発生原因を考える

SSDのデータ復旧作業の成功の秘訣はSSDの不具合の原因を特定することです。

基本的にSSDがうまく読み込まれなくなる原因はこれから紹介する5つのパターンに分かれます。

  1. 寿命
  2. SSD内部のデータ容量の不足
  3. 内部のファイルシステムの損傷
  4. SSD本体の物理的な損傷
  5. パソコンに搭載されたOSの破損

それぞれについて説明していきますのでSSDの不具合の原因を特定する際に使ってみてください。まずはSSDの寿命について紹介していきます。

SSDの寿命は5年〜10年と言われていますので5年以上SSDを使い続けていた場合はSSDの寿命が疑われます。逆に数ヶ月〜数年しかSSDを使っていないのに不具合が発生した場合ですと寿命以外の原因が疑われます。

次に疑うのはSSD内部のデータ容量の不足です。

あまり知られていませんが、SSD内部の容量が少なくなると内部データがうまく読み込まれなくなってSSDがクラッシュすることがあります。

不具合が発生した時点でSSDの残存容量が20GBを切っていた場合は容量不足を原因でSSDがクラッシュしている可能性があります。

容量不足によるクラッシュか否かを判断するためにも不具合が起きる直前の空き容量を思い出してみましょう。20GBを切っていましたら要注意。

寿命の面でもデータ容量の面でも問題がなくてもSSD内部のファイルシステムが破損することがあります。内部システムが壊れるとOSが読み込まれなくなることやSSD内部のデータにアクセスができなくなることがあります。

寿命やデータ容量の問題が考えられない状況でSSD搭載パソコンに不具合が発生しましたらファイルシステムの障害を疑うとよいでしょう。

寿命、データ容量、ファイルシステムの破損以外のケースですとSSD本体かパソコンに搭載されたOSの不具合が疑われます。

意外と見落としがちなのはSSDの物理的な損傷です。SSDは機械なので本体が破損してしまうと従来通りの動きができなくなります。

SSDを搭載したパソコンを落としたり、水濡れさせてしまった記憶があるのでしたらSSD本体の損傷が考えられます。これまでのSSD搭載パソコンの取り扱い方を振り返ってみて思い当たる節がありましたら本体の破損を疑いましょう。

最後に考えたいのはSSDの不具合ではなくてパソコンに搭載されたOSの不調です。

SSDが正常であってもOSの不調が原因で認識エラーや起動エラーが起きることがあります。この点は押さえておきたいですね。

今回紹介した5つのパターンのどれに該当するかでSSDの復旧方法と復旧確率は大きく変わります。正確な分析は難しいかもしれませんが、復旧作業に取り組む前にSSDに不具合が起きた原因の絞り込みをできる範囲で行う必要があります。

SSDのデータ復元はHDDより難しい

データ復旧に取り組む前に念頭に入れておきたいことはSSDのデータ復旧の難易度です。

SSDはHDDと違ってデータの削除やデータの更新を行う際には今までのデータを完全に消去します。元のデータを完全に消去するのでデータ復旧の難易度はHDDを大きく上回ります

SSDのデータの復旧方法はHDDと同じようにデータ復旧ソフトを使うか復旧業者に任せるかに分かれます。

それぞれの復旧方法が役に立つケースと役に立たないケースがありますのでデータ復旧作業に取り組む際は両者を効果的に使い分ける必要があります。

復旧ソフトと復旧業者の違いについてはこれから紹介していきます。


データ復旧ソフトを利用する際の注意点

復旧ソフトを利用する際の注意点

ここでは自力でSSDのデータ復旧作業に取り組めるデータ復旧ソフトの特徴とおすすめのソフト名を紹介します。

復旧ソフトが役立つ時と役立たない時

ここではデータ復旧ソフトが役に立つケースと役に立たないケースについて紹介していきます。

まずはデータ復旧ソフトが役に立つ5つのケースについてまとめてみました。

  1. 誤ってゴミ箱を空にした時
  2. 大切なメールを消してしまった時
  3. 保存ファイルが破損しているケース
  4. SSDのデータが読み込まれない時
  5. 誤って画像や動画を削除した時

ここで紹介した5つの状況の共通点というのは、SSD本体は正常に動いているということです。

逆にSSD本体が破損してしまっているケースでは障害の内容がデータ関連ではないのでデータ復旧ソフトは役に立ちません。例えば・・・・

  • パソコンを起動してもOSが立ち上がらない
  • パソコンがそもそも起動しない
  • SSDを搭載したパソコンが水濡れした
  • パソコン本体を落としてしまった
  • 明らかにフリーズの頻度が増えた

こういった症状がSSDを搭載したパソコンに見受けられましたらSSD本体またはSSDの中にあるソフトウェアに異常が発生していることが疑われます。

SSD本体の破損や内部のソフトウェアの障害はデータ復旧ソフトでは修復が難しいので別の復旧手段を使うことになります。

データ復旧ソフトはデータ関連の不具合を解消するためのツールと割り切って使うのが良いでしょう。

データ復旧ソフトの使い方

データ復旧ソフトを使うには復旧ソフトをパソコンにインストールする必要があります。

フリーソフトでも有料ソフトでも構わないのでSSDのデータ復旧作業に使えるソフトを1台パソコンにインストールしましょう。

復旧ソフトがパソコンにインストールされましたら、パソコン上で起動することになります。パソコン上で復旧ソフトを起動し、復旧ソフトの「スキャン機能」を使ってSSDを読み取ればSSD内部のデータが認識されます。

復旧ソフトに認識されるデータは基本的に復旧が見込めるデータです。復旧を希望するデータを選択して「データ復旧ボタン」を押せば、データの復旧作業に移ります。

選択したデータの総容量次第では復旧作業に1日近くかかることもありますが、パソコン上で「復旧可能」と表示されているデータは高確率で全て元通りになります。

データ復旧ソフトを使ってSSD内部のデータを復旧するための手順を7つのステップにまとめてみました。

  1. SSDのデータ復旧ができるソフトを探す
  2. ソフトをインストールする
  3. パソコン上でソフトを起動する
  4. スキャン機能を使って復元可能なデータを探す
  5. データ復旧を希望するファイルを選択する
  6. データ復旧ボタンを押す
  7. データの復旧作業が終わるまで待つ

ここで紹介した7つのステップの中で最も鍵になるのは、4番目の「スキャン機能を使って復元可能なデータを探すこと」です。

データ復旧ソフトの構造上スキャン検索できたデータしか復旧できないのでスキャン機能の質でデータ復旧の結果が決まります。

復旧ソフトでSSD内部のデータを復元するのでしたらスキャン機能に優れたソフトを手に入れることをおすすめします。

インターネットで検索すれば有料、無料問わずたくさんのデータ復旧ソフトが出てきますが、それぞれのソフトのデータ復旧技術には大きな差があります。

ここでは色々な復旧ソフトがある中でSSDのデータ復旧にぴったりなフリーソフトを紹介します。今回紹介するフリーのデータ復旧ソフトはRecuva(レクバ)というソフトです。

このRecuva(レクバ)というフリーソフトは管理人のSSD搭載のパソコンにもインストールされていますが、性能が良い上に使いやすいです。

Recuva(レクバ)を使うためにまずやることはインターネット上でRecuva(レクバ)をインストールすることです。

GoogleやYahooの検索エンジンでRecuva(レクバ)と検索すれば無料でソフトをインストールできるページが出てきます。

ソフトのインストールが完了すれば、これから紹介する5つの手順を踏むだけでSSD内部のデータ復旧作業に取り組めます。

  • パソコン上でソフトを起動する
  • 復元予定のデータの種類を指定する
  • 復旧するデータファイルを選択する
  • データの保存場所を指定する
  • データ復元ボタンを押す

ここで紹介した5つのステップはどれもマウスを使ってクリックをするだけで良いのでパソコン操作が苦手な人でも簡単にできてしまいます。

とても便利なRecuva(レクバ)というデータ復旧ソフトには2つの欠点があります。1つ目はデータ復旧に時間がかかるということです。

管理人自身SSDのデータが消えてしまった時にRecuva(レクバ)を使いましたが合計40GBのデータ復旧が完了するまで半日以上かかりました。データ復旧にはある程度時間がかかるということは念頭に入れた方が良いでしょう。

もう1つの課題というのはRecuva(レクバ)だけに限った話ではありませんが、データ復旧ソフトのスキャン機能は完璧ではないことです。

管理人自身Recuva(レクバ)を使ってSSDのデータ復旧に取り組んだ時は内臓データの6割程しかスキャン検索できませんでした。

データ復旧ソフトはとても便利ですが、データ復旧精度はそこまで高いわけではありません。SSD内部のデータを完全に復旧したいのでしたらデータ復旧ソフトではなく、HDD復旧業者を利用した方が良いでしょう。


プロに任せればSSDの復旧作業は8割成功する

プロに任せれば復旧は8割成功

ここからはSSDのデータ復旧が得意なHDD復旧業者のデータ復旧サービスについて紹介していきます。

HDD復旧業者の特徴と魅力

ますHDD復旧業者とは何かといいますとHDDやSSDといったパソコンに搭載されている記憶媒体のデータ復旧を専門としている復旧業者です。

HDD復旧業者はデータ復旧業務を専門としているだけあってデータ復旧技術は復旧ソフトの比ではありません。

HDD復旧業者の中には火災被害や水没被害に遭ったパソコンに搭載されているSSDの復旧実績が多数なんて会社もあります。優秀な復旧業者に不具合を起こしたSSDを預ければ8割を超える確率でSSD内部の全てのデータが元通りになります。

SSD本体の破損が疑われるケースやSSD内部に大切なデータが詰まっている時は復旧業者を利用してしまった方が良いでしょう。

症状ごとのデータ修復価格

ここまでHDD復旧業者のデータ復旧技術の高さについて紹介しましたが、復旧費用が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで管理人はSSDのデータ復旧作業に必要となる費用の目安をSSDの症状ごとに紹介していきます。

障害の重症度代表的な症状復旧価格の目安
軽度障害データの誤った消去 5万円以上
不用意なフォーマットの解消
中度障害 SSD内部のフォームウェアの破損 16万円以上
SSDのデータ処理速度のダウン
起動エラー・システムの不具合
重度障害異臭・異音の発生20万円以上
SSD内部の物理的な損傷
水濡れ・火災被害後の不具合
SSDの損傷が原因の起動エラー


SSDの障害内容は軽度障害、中度障害、重度障害に分かれます

軽度障害というのは、SSD内部のデータ関連の不具合です。データの誤消去や不用意なタイミングでのフォーマットの発生が軽度障害に該当します。

軽度障害に該当するSSDの不具合は自力復旧も不可能ではありませんので他の2つの障害と比べると割安な価格帯になっています。復旧予定のデータの容量にもよりますが、相場価格としましては5万円~10万円の間と言えます。

次に紹介する中度の障害というのはSSDのシステムの障害です。

SSDの内部システムに障害が発生するとSSDが搭載されたパソコンのデータ処理速度やパソコンの起動に支障が出ます。

内部システムの障害なのでデータ復旧ソフトを使っての自力復旧は難しいので復旧業者の力を借りることになります。

利用業者とSSD内部のデータ容量にもよりますが、システム障害の復旧に必要な費用の目安は15万円~30万円となっています。

最後の重度の障害というのはSSD本体に物理的な破損や障害が発生している状況を指します。

SSD本体がおかしくなってしまうと自力復旧は難しいのでデータ復旧作業を行うためにはHDD復旧業者を利用することになります。

具体的な復旧費用はSSD内部の損傷具合とSSD内部のデータ容量によって異なりますが大体20万円~50万円の間となっています。

ここまでSSDのデータ復旧作業に必要になる復旧費用の目安をSSDの症状ごとに紹介しました。繰り返しになりますが、今回紹介した金額はあくまで目安の復旧価格です。

日本国内には色々な復旧業者があり、各社の復旧サービスと復旧料金には大きな差が見られます。どの復旧業者を選ぶかでデータ復旧の結果とデータ復旧費用が変わるので利用業者は慎重に選びたいものです。

質の高いHDD復旧業者を見つけるためのコツについてはこれから紹介していきます。

復旧業者を選ぶ際の4つのポイント

ここではSSDのデータ復旧を任せるHDD復旧業者を選ぶ際にチェックしておきたい4つのポイントについてまとめてみました。

  • SSDのデータ復元実績
  • サービス復旧費用
  • データ復旧日数
  • インターネット上の評判

まずチェックしたいのはSSDのデータ復旧実績です。

HDD復旧業者の中にはSSDのデータ復旧実績が乏しい会社やそもそもSSDのデータ復旧サービスを提供していない会社もあります。

SSDのデータ復旧が苦手なHDD復旧業者を選ばないためにも復旧業者のホームページでSSDのデータ復旧の可否と過去のデータ復旧実績を調べたいですね。

データ復旧実績を調べた後はどの程度の費用がかかるのかをチェックするとよいでしょう。

どんなに高いデータ復旧技術を持つ会社であってもあなたの予算に合わないとなると業者選定の見直しが必要になります。

SSDのデータ復旧価格は症状によって大きく変わりますが、復旧業者にメールや電話で問い合わせれば見積もりを出してくれます。気になる復旧業者が見つかりましたら見積もりを出してもらってあなたの予算に合うかチェックしましょう。

復旧業者選びで多くの人が見落としてしまうのはデータ復旧日数です。

同じ復旧作業を頼むとしてもどの復旧業者を利用するかで所要日数が大きく変わります。あなたが希望する納期に間に合わない復旧業者はあなたにとって満足のいく業者ではないはずなので復旧日数のチェックは大切になります。

データ復旧作業にかかる日数の目安は復旧業者に問い合わせれば教えてもらえます。SSDのデータ復旧費用の概算を出してもらう際に復旧日数の目安についても聞いてみるのが良いでしょう。

実績、価格、スピードの3つで絞り込んだ後にチェックをしたいのは過去の利用者の口コミ評判です。インターネットでHDD復旧業者の名前を検索すれば色々な口コミ評判が見つかりますのでざっと目を通してみましょう。

インターネット上の口コミ評判の中には信憑性が低いものもありますが、あまりにもネガティブな声が多いのでしたら考え直した方が良いかもしれません。

過去のデータ復旧実績、復旧価格、データ復旧スピード、利用者の評判の4点をきちんと確認すればあなたにぴったりな復旧業者が見つかるはずです。

この4点に優れていて当サイトで最も人気があるHDD復旧業者についてはこれから紹介していきます。


今話題のPCエコサービスの特徴と料金プラン

PCエコサービスの特徴と料金プラン

今回は当サイトで人気No1のHDD復旧業者であるPCエコサービスの特徴と復旧料金について紹介していきます。

PCエコサービスは東京都の中野区に本社を置くHDD復旧業者でして他のHDD復旧業者と比較すると明らかにデータ復旧価格が割安です。

驚かれる方も多いのですが、PCエコサービスはHDDとSSDのデータ復旧価格を容量無制限で39,800円に設定しています。この39,800円という金額は一般的な復旧業者のデータ復旧価格の4分の1以下

しかも39,800円の料金プランは物理障害を起こしたSSDのデータ復旧にも適応されます。

他の復旧業者に頼むと40万円はかかるような症例を39,800円の価格で復旧してくれるのがPCエコサービスの持ち味です。

ここまで価格のことばかり紹介してきたのでこれからは最も大切なSSDのデータ復旧技術について紹介していきます。

PCエコサービスの公式サイトを見るとSSDのデータ復旧サービスを正式に提供していることが分かります。それに2015年度の復旧実績を調べてみますと3762件のデータ復旧作業に取り組み、その中の3022件の完全復旧に成功しています。

データの完全復旧率は業界水準の80%を上回るのでPCエコサービスのデータ復旧技術は他のHDD復旧業者よりも高いといえます。

PCエコサービスの高いデータ復旧技術を支えているのは、最新のデータ復旧機器への設備投資です。

PCエコサービスは「PC-3000」という最新のデータ解析ツールを自社に備えています。この「PC-3000」というデータ解析ツールを使えば、SSD内部を開封せずともSSDの障害内容を特定することができます。

この「PC-3000」という最新の解析ツールを導入しているHDD復旧業者は国内ではほとんどありません。PCエコサービスはデータ復旧設備に力を入れているので復旧技術の高さに信頼が置けます。

ここまで見てきましたようにPCエコサービスは最新のデータ復元技術を業界最安値と言える価格帯で提供しています。

費用対効果抜群のPCエコサービスはSSDの症状を無料で診断してくる無料診断サービスを提供しています。この診断サービスを利用しますとSSDの障害内容と復元可能なデータの一覧が2~3日程度で教えてもらえます。

診断サービスは無料で利用できますし、診断結果を聞いた後にSSDを返してもらうこともできます。


≫ PCエコサービスの無料診断はこちら