物理的に損傷したハードディスクの復旧方法

イメージ:物理障害


このコンテンツでは物理障害を起こしたHDDからのデータ復旧方法について紹介しています。

あなたが普段使っているパソコンにこれから紹介するような症状が現れましたらパソコン内部の頭脳であるHDDに物理障害が発生している可能性があります。

「ぽちっと電源をつけても反応しない」
「最近パソコンの動作がおかしい・・・」
「ガタガタという音がパソコンからする」
「本体から何かが焦げた臭がする」


何か1つでも当てはまったでしょうか?今回紹介したような症状または近い症状がお手持ちのパソコンから発生してしまうと慌てふためいてしまうかもしれませんが、ご安心ください。

パソコン内部のHDDに物理障害が発生しても正しいデータ復旧方法を知ればHDD内部のデータを取り戻すことができます。今回のコンテンツでは、HDDの物理障害の症状と物理障害を起こしたHDDの復旧方法についてまとめてみました。






症状から物理障害の度合いを考える

論理障害と物理障害の違いは何か?

物理障害を起こしたHDDの復旧方法は障害の度合いによって変わるので復旧作業に取り組む前に障害度合いが重症なのか軽症なのかを把握する必要があります。

そこでここでは物理障害を起こしたHDDの障害内容を障害度合いごとにまとめてみました。

障害度合い 復旧作業具体的な症状
軽度 HDDを開封しない データの読み込みエラー
フリーズが増える
中度 HDDの開封をする 「カチン」という音がする
異臭が発生する
HDD内部の部品に傷が入る
重度 部品交換を行う 水濡れ被害後の不調
HDDの落下後の不調

物理障害が疑われるあなたのHDDの症状は軽度・中度・重度のどれに該当しそうでしょうか?軽度・中度・重度に応じて復旧確率も復旧費用も大きく変わりますのでまずはご自身のHDDの障害度合いを考えてみると良いでしょう。

HDDの障害の重さがある程度わかりましたら適切な復旧作業に取り組むことになります。そこでここからは物理障害が発生しているHDDの中に保存されているデータを復旧することができる2つの方法を紹介していきます。


物理障害を起こしたHDDの復旧方法

物理障害HDDの復旧について

物理障害が起きたHDDの復旧方法は、「自分で分解して復元する」か「復旧業者に任せる」かに分かれます。それぞれの復旧方法の詳細についてこれから紹介していきます。

自力でデータの復元を行う

自力で物理障害を起こしたHDDを復旧するためにはご自身でHDD本体を分解してパーツを取り替えることになります。

秋葉原の電気街に足を運べばHDDのパーツは単体で売っていますのである程度HDDに詳しい人でしたら自力復旧も不可能ではありません。 もちろんこれはHDDに関する詳しい知見を持っている人を対象とした話でして一般の人には少しハードルが高いです。

HDDは精密な作りになっていますので分解時に空気に触れたり、指紋がつくだけで内部に異常が発生することがあります。パーツを集めるのにも手間とお金がかかりますし、自力での復旧作業は症状の悪化リスクが高いので割に合いません。

それに一度分解したHDDの復旧作業を業者に頼むと高額な復旧費用がかかることが多いです。復旧確率の面でもデータ復旧料金の面でも物理障害が起きたHDDの復旧作業は専門の業者に任せてしまった方が良いでしょう。

素人が自力で修理しようとすると余計悪化に

専門のデータ復元業者を利用する

2つ目のデータ復旧方法は、専門のHDD復旧業者に物理障害が発生しているHDDの復旧作業を全面的に任せることです。

多くのHDD復旧業者は、会社内にHDDの部品を多数備えていますし、専門のデータ復旧設備もあります。しっかりしたデータ復旧環境が自社内にあるので自力でデータ復旧作業に取り組むよりも格段に高い確率でHDD内部のデータを取り戻すことができます。

ちなみに高い復旧技術を持つ復旧業者に物理障害を起こしたHDDを預けると80%の確率でHDD内部のデータの完全復旧が期待できます。80%の確率で物理障害を起こしたHDDのデータが元通りになるというのは悪くはない話だと思いませんか?

ここからはHDD復旧業者の復旧費用の目安や質の高いHDD復旧業者の選び方について紹介していきます。


データ復元費用の目安

復元費用の目安は?

ここでは、物理障害を起こしたHDDを業者に頼んだ際の相場価格を紹介します。

復旧価格は物理障害のレベルと利用する復旧業者次第ですが、15万円くらいの料金が必要になると考えたほうが良いでしょう

ちなみに15万円というのはパーツの交換が不要なケースの話でしてパーツ交換が必要な症例の場合は数十万円になることもあります。

最低でも15万円、場合によっては数十万円と聞くと利用をためらう人もいると思いますが、これはあくまで料金相場です。

HDDの復旧価格はどの業者を使うかで大きく変わりますので利用業者を厳選すれば10万円以下の金額でデータ復旧を行うこともできます。

個人的におすすめしたいのは、複数のHDD復旧業者に復旧費用の見積もりを出してもらうことです。見積もりを出してもらうことにはお金がかかりませんし、料金的に厳しいと判断した場合は別の復旧業者を探せば良いだけです。

もちろん中には「複数の業者に見積もりを出してもらう時間なんてない・・・」という人や「今すぐデータを取り戻したい」という人もいると思います。

そういった方々におすすめしたいのは当サイトで紹介しているHDD復旧業者の中で復旧スピードと復旧費用に優れた業者を利用することです。

特に当サイトで最も人気があるHDD復旧業者は物理障害を起こしたHDDを4万円以下の価格帯で復旧してくれます。データの復旧スピードにも優れており、物理障害を起こしたHDDの復旧作業は最短で3日で完了します。
>>当サイト人気No1のHDD復旧業者の詳細はこちら

復元予算目安は最低15万

HDD復旧業者を利用する際の3つの留意点

復旧業者利用の3つの留意点

ここでは質の高いHDD復旧業者を見つけるために心がけたい3つのポイントを紹介していきます。

重度の物理障害への対応具合を調べる

HDD復旧業者の中には重度の物理障害が発生しているHDDの復旧作業を苦手としている業者もあります。復旧技術の質の高さを判断する際に重度の物理障害への対応の可否は1つの目安になるのでホームページで確認することをおすすめします。

他にホームページで確認したいのは、クリーンルームの設置の有無です。

物理障害が発生しているHDDからデータを復旧する際にはHDDの分解作業が必要になるのでホコリが発生しないクリーンルームで行わないと症状が悪化することがあります。

クリーンルームを備えているHDD復旧業者は復旧設備に投資をしている会社なので復旧技術が非常に高いはずです。クリーンルームの有無は公式サイトで確認できるので物理障害を起こしたHDDを業者に送る前にチェックすると良いでしょう。

重度の物理障害に対応しているかを事前に確認が必要

予算に合うかを調べる

物理障害を起こしたHDDの復旧価格はどの業者を利用するかで変わります。どんなに物理障害の復旧作業が得意なHDD復旧業者であってもあなたの予算と合わない会社はあなたにとって都合の悪い業者のはずです。

予算に合うHDD復旧業者を見つけるためにも物理障害のデータ復旧費用の上限金額を決めることをおすすめします。上限金額を決めた上で複数のHDD復旧業者に復旧費用の見積もりを出してもらえば予算との照合ができます



いろいろな業者から見積もりをとって予算にあう業者を

成果報酬制の有無をチェックする

どの復旧業者を利用するかを考える際にチェックしたいのは成果報酬制の有無です。成果報酬制を採用しているHDD復旧業者を利用すれば万が一データ復旧作業に失敗したとしても金銭的な負担を負わずに済みます。

それに成果報酬制を導入しているHDD復旧業者の多くはデータ復旧技術に優れている傾向があります。成果報酬制の採用の有無は復旧業者の公式サイトに記載されているので物理障害が発生したHDDを業者に送る前にチェックすると良いでしょう。

成果報酬制なら復元に失敗すれば料金はなし


データの修復確率が最も高い方法

このコンテンツでは物理障害を起こしたHDDの症状とデータの復旧方法について紹介してきました。

ここまで紹介した内容の振り返りになりますが、物理障害の自力復旧は不可能に近いので復旧作業の成功の鍵は優秀な復旧業者を見つけることです。

優秀なHDD復旧業者ですと物理障害を起こしたHDD内部のデータをたったの数日で復旧してくれますし、完全復旧率は8割を超えます。ちなみに優秀なHDD復旧業者にはこれから紹介する4つの特徴があります。

  1. 物理障害の復旧実績が豊富
  2. 自社内にクリーンルームがある
  3. 成果報酬制を導入している
  4. 良心的な価格設定

当サイトではこの4つの条件を満たす質の高いHDD復旧業者をランキング形式で紹介しています。質の高いHDD復旧業者をお探しの方は目を通してみることをおすすめします。

HDD復旧業者のおすすめランキング