ネットワークフォルダーの故障の原因と修復方法

NASのデータ復旧画像

普段お使いのNASが認識しなくなると早急なデータ復旧作業が必要になります。もちろんデータのバックアップを取っていればデータ復旧作業は不要ですが、NASの不具合は得てしてバックアップを取っていない時に訪れるもの。

もしあなたがNASのデータ復旧作業に取り組まなくてはいけないのでしたら、何よりも先にデータ復旧が必要になったNASの症状を特定しましょう

どうしてNASのデータ復旧作業において最初にやるべきことが症状の特定かといいますとNASの故障はいくつかのパターンに分かれており、それぞれのパターンで適切なデータ復旧方法が異なるからです。

このコンテンツではNASの故障の原因と故障の症例ごとに最適なデータ復旧方法をまとめております。お手持ちのNASの不調が気になる方やNASのデータ復旧方法について詳しく知りたい方にはとりわけお役に立てるかと思います。



NASのデータ復旧画像




NASの故障の原因とデータの修復方法

NASの故障の原因と修復方法

最適なNASのデータ復旧方法は、お手持ちのNASの故障の症状に応じて異なります。そのためこのコンテンツのはじめにNASの故障関連で知っておきたい情報と2種類のNASのデータ復旧方法について紹介していきます。

HDDの故障率から考える?

他のOA機器と同様にNASにもHDDが搭載されていますが、NASのHDDは消耗品であるので長く使えば使うほど故障率が高まります。一般的にHDDの寿命は3年〜4年と言われており、3年を超えると急激にHDDの消耗による故障リスクが高まります。

外国のHDD関連の研究論文に目を通すと1万台のHDDがあれば4年以内に2千台のHDDが故障するようです。

もちろんNASの使用期間が3年未満であってもNAS本体に衝撃を与えたりするとHDD内部の機械の消耗とは関係なく故障が起こりえます。また購入したNASに初期不良があった場合、NAS本体を買ってから数日でNASが故障することもあります。

このようにNASはいつ何時も故障リスクがある以上、NASの故障は頻繁に起こり得ると考えた方が良いかと思います。

そのため、現時点でお手持ちのNASに不具合が起こっていなくてもいつ故障が発生しても大丈夫なようにデータのバックアップを取るのが賢明な行動です。

仮に現時点でお手持ちのNASに不具合が見られるのでしたら、その原因を調べた上で適切なデータ復旧作業を早急に行いましょう。

ただしNASの故障の原因が分からないと適切なデータ復旧作業を行うことは難しいのでNASの故障の主な原因については正しく理解する必要があります。

故障の主な原因

主な故障原因

ここでは、NASの故障における主な4つの原因について紹介していきます。

初期不良

メーカーが販売しているNASには初期不良製品が混じっていることがあります。初期不良があるNASの場合、買って数日〜数ヶ月でHDDに不具合が発生することがあります。

NAS本体を買って間もない時期に不具合が発生しましたら初期不良を疑いましょう。初期不良の場合、NASを製造しているメーカーに連絡すれば新品と交換してもらえます。

ただし、製造メーカーはデータ復旧まで請け負ってくれることはほとんどありません。そのため、データ復旧を希望する場合は、ご自身でデータ復旧作業に取り組むか専門のデータ復旧業者にNASを預けることになります。

寿命

お手持ちのNASを丁寧に取り扱っていてもある程度の期間を使い続けると内部のHDDのパーツが古くなります。パーツが古くなるとHDDデータの読み込みがおかしくなることがあり、これがいわゆる寿命とよばれるものです。

NASに寿命が来てしまうと本体の修理や買い替えが必要になります。ただし修理と買い替えのいずれにおいても寿命が来たNASからデータ復旧を行うことはできません。

寿命が来たNASのデータ復旧を行う場合、専門のHDD復旧業者のデータ復旧サービスを利用するのが一般的です。

論理障害

NASを使っているとNAS内部に保存されたデータに不具合が生じることがあります。代表的な症例としましてはデータが勝手に上書きされることや保存ファイルが開かなくなったりすることが挙げられます。

このように保存ファイルに不具合が生じることを論理障害といいます。論理障害が発生してもNAS本体が破損しているわけではないのでそのままNASを利用することができます。

ただし、データに障害が発生している以上、復旧作業を行わないとNASに保存されたデータは元通りになりません。

データを元通りにしたいのでしたらデータ復旧ソフトまたはHDD復旧業者の力を借りて破損データの修復作業に取り組むことになります。

物理障害

他のOA機器と同様にNASも機械である以上、水濡れや衝撃には滅法弱いです。そのため、NAS本体を蹴ったり、コーヒーなどをかけてしまうとNAS内部のHDDの不具合が起きることがあります。

このようなNAS内部のHDDの物理的な損傷を物理障害といいます。

物理障害が発生したNASは、NAS内部の部品が破損しているので自力でのデータ復旧は事実上不可能です。そのため、物理障害が発生したNASのデータ復旧を行う場合、HDD復旧業者にNASを預けてデータ復旧作業を依頼することになります。

ただし専門のデータ復旧業者にデータ復旧を任せるとなると相応の費用がかかるということを覚えておきましょう。

2種類のデータ修復方法

自力で直すか業者に任すか

NASのデータ復旧方法は大きく分けるとデータ復旧ソフトによる自力復旧とHDD復旧業者の手を借りるかに分かれます。それぞれのデータ復旧方法の概要についてはこれから一つずつ紹介していきます。

データ復旧ソフト

データ復旧ソフトというのは、誤って消去したファイルや破損したデータを修復することができるソフトです。このソフトを利用すれば、自力でNAS内部に保存されているHDDデータの復旧を行うことができます。

ただしデータ復旧ソフトはあくまでNAS内部のデータの不具合を解消するものであり、NASの物理的な損傷を直すわけではありません。

そのため、NAS本体の損傷が考えられる場合は、データ復旧ソフトの利用を断念してHDD復旧業者の利用を検討した方が良いかと思います。

HDD復旧業者

HDD復旧業者というのは、NASやパソコンに搭載されているHDDに保存されているデータの復旧作業を生業にしている復旧業者です。

このような特徴があるHDD復旧業者は、データ復旧ソフトとは違い、HDD本体が破損しているNASからのデータ復旧が可能です。

しかもデータ復旧技術が高いHDD復旧業者を利用すれば、NAS本体に物理的な損傷が見られても80%以上の確率でデータ復旧が望めます。

もちろんNASの症状が論理障害に該当するケースにおいてもデータ復旧ソフトよりも高い確率でデータの完全復旧が期待できます。

そのため、HDDの損傷が考えられるケースや失うと困るデータを復旧する際は、HDD復旧業者にデータ復旧作業を任せるのが無難と言えます。


ここまでデータ復旧ソフトとHDD復旧業者という2種類のデータ復旧方法について紹介してきました。それぞれのより詳細な情報につきましてはこれから1つずつ紹介していきます。


データ復旧ソフトでHDDを自力修復する際の注意点

データ復旧ソフトを使用する際の注意点

ここでは、データ復旧ソフトに関して押さえておきたい3つのポイントを紹介していきます。

削除データや消去ファイルの復旧が可能

具体的にどんな状況でデータ復旧ソフトが役に立つのか気になるかと思いますのでデータ復旧ソフトが役に立つ主な3つの状況をまとめてみました。

  • 破損データの復旧
  • 削除ファイルの復元
  • パーティションエラーの解消

ここで紹介した3つの状況をはじめとしたデータ関連の不具合を解消することができます。

ただしいくら破損データの復旧が可能とは言え、著しく破損したデータの修復は難しいです。加えて読み込みエラーを起こしたデータの容量が大きい場合、正常に全てのデータが読み込まれる保証もありません。

またデータ復旧ソフトは物理的な損傷を負ったNASのデータ修復作業には役に立ちません。 これらの点を考慮するとデータ復旧ソフトが役に立つケースというのは非常に限られていると考えた方が良いかと思います。

ほとんどのフリーソフトはLinux仕様

インターネット上にはデータ復旧に利用ができるフリーソフトが数多くあります。フリーソフトを利用すれば、自分のお金を1円も支払うことなくNASのデータ復旧作業に取り組むことができます。

非常に便利なフリーソフトですが、NASのデータ復旧に対応しているフリーソフトの多くはLinux環境でしか利用できません

もちろんWindowsやMacに対応しているフリーソフトもありますが、種類は決して多いとは言えません。そのため、フリーソフトでNASのデータ復旧に取り組むのならばLinux環境をご自身のパソコンに構築する必要があります。

Linux環境の構築が難しいようでしたらフリーソフトの利用を諦めて有料ソフトの購入やHDD復旧業者の利用を検討した方が良いかと思います。有料のデータ復旧ソフトの価格相場ですが、数千円〜数万円と、ソフトによって金額に差があります。

また一度ソフトを買えば何度でも使えますし、ノートパソコンをはじめとしたNAS以外の媒体のデータ復旧にも利用できます。NASの復旧に対応しているソフトの中でデータ復旧精度が高い有料ソフトに関してはこれから紹介していきます。

おすすめの復旧ソフトの特徴と価格

おすすめ復旧ソフトの特徴と価格

数多くある有料のデータ復旧ソフトの中でNASのデータ復旧と最も相性の良いソフトは復旧天使というソフトです。どうして復旧天使がよいかと言いますと復旧天使はTerastationやLinkstationといったNASのデータ復旧が得意だからです。

特に復旧天使の中でもStandard-RAIDバージョンは、RAIDが搭載されているNASのデータ復旧に対応しています。Standard-RAIDバージョンの復旧天使によって解消できるデータの不具合は下記の通りです。

  • フォーマットエラー
  • 削除ファイルの復元
  • ドライブの初期化の解消
  • パーティションの消失の復旧
  • 破損ファイルの復旧

この5つに対応しているのでデータ関連の不具合に関してはほぼ網羅しています。動画や音楽をはじめとした容量が大きなファイルにも対応していますのでデータ復旧精度は他の復旧ソフトよりも高いと言えます。

このような特徴があるStandard-RAIDバージョンの復旧天使の価格は21,600円です。21,600円という価格は安いとは言えませんが、NAS以外にも外付けHDDやパソコンに搭載されたHDDの復旧にも利用ができます。

利用可能なOSは、Windows、Mac、Linuxの3種類なので一般的な家庭用のパソコンで復旧作業に取り組めるのも使い勝手が良いです。

一度購入すれば何度も利用できますし、1年間ならば無料で最新バージョンにアップデートできるという特典までついています。

性能の面でも使い勝手の面でも優れたデータ復旧ソフトですのでNASの自力復旧に取り組むのならば、購入を検討すると良いかと思います。

ただし他のデータ復旧ソフトと同様にNAS本体の破損の修復はできませんのでその点をきちんと理解した上で購入した方が良いかと思います。


おすすめのHDD復旧業者と復旧料金の目安

おすすめのHDD復旧業者と復旧料金の目安

ここでは、NASのデータ復旧をHDD復旧業者に頼むと必要になる費用の相場価格とおすすめの業者名を紹介します。まずはデータ復旧に必要になる相場価格について見ていきましょう。

NASのデータ修復の相場価格

HDD復旧業者でデータ復旧を依頼すると必要になる相場費用を症状毎にまとめましたので一緒に目を通してみましょう。

症状度合い症状の具体例復旧価格の相場
軽度フォーマットエラー8万円〜25万円
データの破損
データの誤消去
中度重度の不良セクター30万円〜50万円
RAIDの崩壊
アクセス障害
重度ディスクの損傷40万円〜100万円
モータの損傷
電源が入らない


それぞれの症状について見ていきますが、軽度に該当する症状というのはいわゆる論理障害です。

NAS本体が破損しているわけではないので他の2つの障害度合いと比較すると安価な金額でデータ復旧ができます。現に症状次第ではデータ復旧に必要になる金額は10万円以下に収まることさえあります。

中度の障害というのは、データ復旧ソフトでは対応できないレベルの論理障害と部品交換が不要な物理障害です。このような症状の場合、自力でのデータ復旧が困難なので軽度の障害と比較すると復旧費用は高くなります。

重度の障害というのは、部品交換が必要なレベルの物理障害と電源が入らないといった重度のNASの破損を指します。お手持ちのNASにこのような症状が見られる場合、データ復旧にはある程度の費用がかかってしまうと考えた方が良いかと思います。

NASの障害度合いが軽度であれ、重度であれ具体的なデータ復旧料金とデータ復旧業務の成功率はどの業者を利用するかで大きく変わります。そのため、不具合を起こしたNASを預けるHDD復旧業者は慎重に選んだ方が良いかと思います。

もしどの復旧業者を選べばよいかわからないということでしたらこれから紹介する3社の中から選んでみてはいかがでしょうか。

ロジテックデータ復旧センターの価格と評判

ロジテックデータ復旧センターの価格と評判

ロジテックデータ復旧センターは、国内のHDD復旧業者の中でトップクラスにデータ復旧技術が高い業者です。同社のデータ復旧成功率は92%であり、様々なメーカーのNASのデータ復旧実績が豊富です。

そんなロジテックデータ復旧センターは初回の診断時にNASの症状を4つの段階に分けた上で復旧料金を算出します。4つの段階におけるデータ復旧料金というのは、下記の通りです。

障害の重さ金額
簡易障害28万円
通常障害38万円
中度障害46万円
重度障害要相談

*ロジテックデータ復旧センター公式サイトより

データ復旧価格をみると決して安いとは言えませんが、官公庁との取引が多いので情報保護に非常に力を入れております。一番肝心なデータ復旧の成功率は92%ですので大切なデータを安全に復旧したい人にとっては非常に都合が良い復旧業者です。

リプラスウィングの価格と評判

リプラスウィングの価格と評判

リプラスウィングは全国に184の事業所を持つHDD復旧業者であり、全国で出張復旧サービスを展開しています。

このサービスを使えば郵送が困難な巨大サイズのNASのデータ復旧が可能です。また外部にNASを郵送する必要がないので機密データの外部流出リスクを極限まで下げることができます。

気になるデータ復旧料金は、初回の不具合の診断時に個別で出してもらう事になります。初回の診断は無料ですし、見積もり金額に不満があればデータ復旧作業をキャンセルすることができます。

PCエコサービスの価格と評判

PCエコサービスの価格と評判

NASのデータ復旧を安価に済ませたいという方はPCエコサービスを利用するのが良いかと思います。PCエコサービスは物理障害を含めたあらゆる症状のNASを39,800円という一律価格で復旧してくれます。

この39,800円という価格はなんと相場価格の5分の1。このことを聞くと「安かろう、悪かろう」を想像する人もいるかと思いますが、PCエコサービスはデータ復旧技術も業界水準以上です。

その証拠に2015年度のPCエコサービスのデータ復旧の成功率は83%ですのでHDDを預ければ8割以上の確率で完全復旧が期待できます。

加えてPCエコサービスは成果報酬制を導入していますので万が一、データ復旧に失敗しても金銭的な負担を負わずに済みます。

金銭的なハードルが抜群に低いHDD復旧業者ですので大切なデータをできるだけ安く復旧したい人にとって非常に都合の良い業者といえます。


故障したNASのデータ復旧に関するまとめ

NASのデータ復旧に関するまとめ

このコンテンツではNASの故障の原因とデータ復旧方法について紹介してきました。色々な情報を紹介してきましたが、故障したNASのデータ復旧方法は自力で直すか復旧業者に協力を要請するかのどちらかです。

前者の自力復旧は復旧費用を抑えられるというメリットがありますが、データ復旧の成功率はそこまで高いとは言えません。逆に後者の復旧業者の手を借りると費用はかかりますが、8割以上の確率でNAS内部のデータ復旧が期待出来ます。

費用を取るか復旧確率を取るかという話になりますが、費用を削ってデータ復旧に失敗してしまえば本末転倒ですよね。

そのため、NASに保存されたデータを本気で復旧したいのならば多少無理してでもHDD復旧業者にデータ復旧作業を任せてしまった方が良いかと思います。

ただし各HDD復旧業者でデータ復旧技術もデータ復旧金額も大きく異なりますので利用する復旧業者は慎重に選んだ方が良いかと思います。

もし利用する復旧業者を決めかねているのでしたら当サイト内で人気No1のPCエコサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

PCエコサービスはあらゆる症状のNASのデータ復旧作業を39,800円で請け負ってくれます。39,800円という金額は他のデータ復旧業者の2割〜3割の料金水準ですし、PCエコサービスはデータ復旧作業の成功確率の高さにも定評があります。


≫ PCエコサービスの無料診断はこちら