リナックスOSの正常化

イメージ:リナックスのHDD復旧


「Windowsの復元方法が使えない」
「Linuxに対応した復旧ソフトを教えてほしい」
「リナックスの復旧方法がよくわからない」


このようなお悩みをかかえていないでしょうか。実際、HDDデータの復元方法に関する情報は数多くありますが、ほとんどの情報はWindowsが対象。そのため、Linuxを搭載したHDDデータの復元方法に関するまとめ記事は少ないと思います。

そこで今回のコンテンツでは、LinuxというOSを搭載したHDDの3つの復旧方法についてまとめてみました。このコンテンツに目を通されている方の中には、リナックスというOSに馴染みがない方もいると思います。そのため、簡単にこのOSについても本文で紹介。

LinuxOSを搭載したHDD

なお、当コンテンツは下記の順番で各項目について紹介していきます。ご興味のある項目だけでも目を通して頂けますと幸いです。


それでは、各項目を一緒に見て行きましょう。




Linuxって何?

Windows、Apple、Linux

Linuxというのは、オペレーションシステム(OS)の一つです。このOSというのは、私達が普段利用するパソコン全体の機能を管理するソフトウェア。有名なOSでいうとマイクロソフトのWindowsやAppleのMacがあります。

現在のパソコンは、Windows とMacが主流なのでLinuxを搭載したパソコンを利用している人は少ないと思います。しかしながら、私達が普段利用するAndroid端末やカーナビ、会社のサーバーにはLinuxが搭載されています。

Linuxに不具合が生じると保存したデータが突然喪失することやHDDに起動エラーが発生する可能性があります。そのため、HDDデータを正常に保つためにもOSの不具合に対処することが必要。ここからは、リナックスの不具合に対処する3つの方法を紹介します。


3つの復旧コマンドの利用

Linuxデータ復元3つのコマンド

Linuxには、誤って消去したデータの復元が可能な復旧コマンドがあります。このコマンドのメリットは、復元ソフトや復旧業者を利用せずにHDDデータの復元が可能。ここでは、よく利用される3つのコマンドを紹介します。

extundelete コマンド

このコマンドは、誤って消してしまったLinuxのデータを復元することができます。消してしまった時刻を入力し、復旧を希望するファイルを見つけることができれば、データの復元が可能。

fsckコマンド

保存ファイルや各種のシステムの不具合の検査と復旧が可能。しかしながら、復旧精度は高くないのでこのコマンドを実行する際には過剰な期待をしないことがおすすめ。

lsofコマンド

Linuxを利用中のユーザーが開いている全てのファイルを一覧で確認することができるコマンド。このコマンドを利用すれば、誤って消してしまったデータを再び開くことでバックアップを取ることができます。


このようにLinuxに備わっている復旧コマンドを利用することにより、誤って消してしまったデータの復元が可能。なお、復旧コマンドは他にもあるので必要に応じて調べてみることをおすすめします。

一つ注意しなくてはいけないのは、この復旧コマンドはデータの復元能力が低いことです。例えばOSの起動障害やHDDの物理障害には基本的には対応していません。そのため、必要に応じてソフトウェアやデータ復旧業者の利用が大切。


3種類のLinux対応ソフト

Linux対応ソフト3種類の紹介

Linuxの異常を修復してくれるデータ復元ソフトは、有料・無料問わず数多くあります。このデータ復元ソフトを利用すれば、物理障害を起こしたHDD以外ならば復旧が可能です。なお、データ復元ソフトの能力は、ソフトに応じて大きく異なります。そのため適切なソフトの利用が大切。

データ復元ソフトの多くは、対象のOSをWindowsにしているのでLinuxに対応しないソフトも数多くあります。その点は注意が必要です。ここでは、Linuxと相性の良い3つのHDDデータ復元ソフトを紹介します。

FINALDATA Linux on Windows

FINALDATA Linux on Windows 日本で最も人気のあるファイナルデータソフトシリーズの中でLinuxに対応したソフト。このソフトは、Linuxを搭載しているPCに内蔵されている破損データの復元をしてくれます。有料ソフトなので入手にお金がかかりますが、復元能力は多くのユーザーを魅了しています。

なお、ファイナルデータの詳しい情報は下記のページにて紹介しています。

人気No1のHDD復旧ソフト

EaseUS

EaseUS このEaseUSというデータ復元ソフトは、Windowsの環境でLinuxのデータを復旧できます。他の復元ソフトと異なってLinuxパーティションの故障やHDD上の不良セクターの復旧にも対応。無料ソフトなのでインストールにお金がかからない点も大きな魅力。

Linux 版 R-Studio

Linux 版 R-Studio HDDディスク本体に負担をかけずにLinux関係の各種不具合に対応可能なソフトウェア。画像やワードファイルをはじめとした保存データの復元に加えてOSの不具合の復旧も可能です。なお、Linuxを利用しているRAIDの損傷にも対応することができます。


おすすめのHDD復旧業者の紹介

Linuxユーザーにおすすめ復旧業者

業者を利用旧するメリットは、ソフトウェアや復旧コマンドでは対応が困難なHDDデータの復元が可能なことです。とりわけHDDが物理障害を起こした場合は、業者を利用しなくてはデータの復元は困難

日本国内のHDDデータの復元業者の多くは、Linuxに対応可能です。しかしながら、中には対応していない業者もあるのでHDDの復元を依頼する前に復元対象OSの種類の確認をすることがおすすめ。

またデータ復元料金は、基本的にはWindowsのHDDデータを復元する際の金額と変わりません。下記にて復元金額と復元日数の目安をまとめてみました

復元金額と復元日数の目安
障害内容 復元金額 復元期間
論理障害 2,5000(円)〜300,000(円) 1週間
物理障害 100,000(円)〜1000,000(円) 2週間前後


なお、HDDデータの復元に必要な金額や日数は、症状や業者に応じて異なります。詳細な復元金額や復元日数は、見積もり時に出してもらえます。ここでは、リナックスの復元と相性の良いデータ復元業者を3社紹介します。

高い復元技術が魅力のピーシーキッド

ピーシーキッド ピーシーキッドは、20年以上HDDの復元作業を行っているデータ復元業者です。同社の特徴は、国内トップクラスのデータ復元技術を保有していること。Linuxにも対応可能なので重要なデータを確実に復元したい方にはおすすめです。同社の詳しい情報は下記のページにて掲載。

国内トップのデータ復元技術

国内最大手の日本データテクノロジー

日本データテクノロジー 日本データテクノロジーは、国内で最も大きなHDD復元業者です。同社は、8年連続でデータ復元件数がNo1の業者。Linux関連のデータ復元実績も多数あるので非常におすすめのHDD復元業者です。同社の詳細は、下記のリンク先のページにて紹介しています。

国内最大の復旧業者

格安金額が魅力の富山データ復旧センターデータワークス

富山データ復旧センターデータワークス 富山データ復旧センターデータワークスの特徴は、格安の金額でデータの復元を行ってくれることです。とりわけ基本的な物理障害の復元料金が5万円以下という料金設定は、他社の半額以下。Linuxにも対応しているので格安業者をお探しの方におすすめ。同社の詳細情報は下記より

格安でリナックスデータを復元


いかがでしょうか。今回は、Linuxを搭載しているHDDの3つの復元方法を中心としたコンテンツを紹介しました。今回紹介した3つのデータ復元方法を最後にもう一度振り返りましょう

  • リナックスの復旧コマンドの利用。
  • 相性の良いデータ復元ソフトを利用する。
  • 適切なHDD復元業者を利用する。


今回のLinuxの復旧に関する特集コンテンツが皆様のお役に立てると幸いです。なお、このコンテンツに関心を持たれた方の多くは下記の記事にも目を通されています。

復旧ツールを利用する際の注意点
HDDにやってはいけないこと