ハードディスクの耐用年数と残余年数の診断方法

パソコンの寿命は何年?

もし、あなたのパソコンにこれから紹介するような症状がでていたらHDDに寿命が来ている可能性があります。

  • OSが起動しなくなった
  • 突然エラーが増えるようになった
  • データの読み込みが遅くなった

もちろんHDDに寿命が来ると色々な症状が出るので、先程紹介した3つの症状に該当しないからといってHDDの寿命に問題がないとは限りません。

そこでこのページではHDDの寿命を診断する方法と寿命が来たHDD内部のデータを復旧する方法についてまとめてみました。



特にこのコンテンツで紹介している寿命が来たHDDの取扱方法はハードディスク本体の寿命が疑われるのでしたら一秒でも早く知っておいた方が良いと思います。
>>寿命が来た、またはすぐ来そうな時の対処策




HDDの寿命は1万時間

HDD寿命

HDDの寿命期間は使い方によりますが、一般的には「1万時間」といわれています。この1万時間というのは、1日8時間パソコンを使うとなんと3年〜4年で使いつくすことになります

パソコンメーカーがパソコンの補償期間を3年〜4年に設定しているのも購入してから3年〜4年以内にHDDに寿命がくることを想定しているからだそうです。

1日8時間の使用で3〜4年で1万時間

もちろん一日1時間程度しかパソコンを使わないのでしたら、1万時間という寿命時間は10年かかっても使い切りません。逆に24時間・365日パソコンの電源を入れっぱなしだと1年以内にHDDに寿命が来ることもあります。

パソコンを購入して何年後にHDDの寿命が来るかは、あなたの使い方次第ですので、パソコンを使わない時はバッテリーを落とす等の工夫をしてできるだけ寿命を延ばすように心がけると良いでしょう。

それにHDDは、熱や衝撃に弱いということで有名です。つまり、暖房が入った環境で使い続けることや何度も外に持ち運んだりするとHDDの寿命を縮める結果に繋がりかねません。

結局のところ、HDDの寿命は使い方次第で大きく変わるので、1万時間というのは目安と考えるのが良いでしょう。このコンテンツではお手持ちのパソコンに搭載されたHDDの寿命具合を調べる方法も紹介しています。
>>HDDの残りの寿命を確認する方法


こんな症状が出たらHDDの消耗を疑おう

データの保存ができない。電源入れてもうまく起動しない。

HDDには寿命がありますが、寿命が来る前に初期症状が現れる事が多いです。ここでは、HDDの寿命の前触れとなる4つの症状を簡単に紹介します。

HDDの寿命の前触れとなる4つの症状

データの破損頻度が明らかに増える

パソコン内部のデータはHDDに保存されます。もしあなたのパソコン内のファイルが頻繁に破損や消失が行われるようになりますと、HDDに寿命が近づいている可能性があります。

もちろんデータの破損・消失の増加=HDDの寿命とは言い切れませんが、万が一の状況に備えてデータのバックアップを取りたいですね。

パソコンの動作が遅くなる

もしあなたのパソコンにこれから紹介する症状が現れ出したらHDDの寿命が近づいている可能性があります。

  • 起動に時間が掛かる
  • データの読み込みが遅い
  • ネットへの接続スピードが遅い

こういった一つ一つのパソコンの反応スピードが明らかに遅くなった場合は注意が必要です。

HDDが古くなると各動作の処理スピードが遅くなるので、明らかにパソコンの動作が遅くなっている症状に気が付きましたらHDDの寿命を疑うのが良いでしょう。

フリーズやコマンドエラーが明らかに増える

一見するとHDDの寿命とは関係ありませんが、これから紹介する症状がお使いのパソコンに見られましたらHDDの寿命を疑うと良いでしょう。

  • フリーズの回数が増える
  • パソコンの一部のコマンドが反応しない

パソコンのフリーズやコマンドエラーの背景には、HDDの不具合が潜んでいることがあります。つまり、フリーズやコマンドエラーが急激に増えるのでしたらHDDの損傷やHDDの寿命が疑われます。

もちろんフリーズやコマンドエラーの増加がダイレクトにHDDの寿命を指すわけではありませんが、寿命の初期症状の1つとしてチェックしておくとよいでしょう。

異常な音や臭いや熱が発生する

ハードディスクが古くなるとパソコン本体に不具合が発生することがあります。

具体的な不具合の症例としましては、パソコン内部から「ピコン」という音が鳴ることや焦げ臭いにおい異常な熱がパソコン内部から発生することがあります。

こういった症状が発生したからといってHDDに寿命が来たとは言い切れませんが、寿命が近づいている可能性が高いです。それにパソコン内部が焦げ臭かったり異常な熱が発生している状態は望ましい状況ではありません

できるだけ早急にパソコン本体を処分したりHDD内部のデータを復旧した上で別のデバイスに移した方が良いでしょう。

症状別HDD内部のデータ復旧方法はこちら
パソコンの無料廃棄方法はこちら


残存期間のチェックは診断ソフトを使う

耐用年数

1万時間という目安の寿命時間があっても今の自分のパソコンの状態がどうなっているか気になりますよね。実はお手持ちのパソコン内部のHDDの寿命をある程度正確に診断する方法があります。

その方法というのは、HDDの動作状態を診断できるソフトを使ってHDDの動作スピードやエラー発生率を調べることです。

管理人自身が使っている診断ソフトは、「CrystalDiskInfo」というフリーの診断ソフトです。このソフトを使えば、HDDのエラー頻度や読み込みスピードから現在のHDDの状態が正常であるか異常であるかがすぐに分かります。

仮にHDDの状況が「異常」と診断された場合は、HDDの性能が落ちてきていることが分かるので寿命が近づいていると考えられます。

この場合、まずはハードディスクが故障する前にデータのバックアップを行いましょう。 診断ソフトはHDDの寿命の診断に大いに役立ちますので「CrystalDiskInfo」以外のソフトでも良いので利用してみてはいかがでしょうか。


フリーソフトで寿命を診断する方法

ここでは、先程紹介したCrystalDiskInfoという診断ソフトのインストール方法と使い方を紹介していきます。

CrystalDiskInfoでHDDの状況を診断

まずはCrystalDiskInfoをインストールする

CrystalDiskInfoは、フリーソフトなのでGoogleやYahooの検索エンジンで検索すればダウンロードサイトがでてきます。私自身Googleで「CrystalDiskInfo」と検索してソフトをインストールしました。

GoogleやYahooの検索エンジンからの検索でダウンロード可能

フリーソフトですのでインストールにはお金がかかりませんし、データ容量が大きいわけではないので数分でインストールできます。

インストールが終了したらきちんと起動するか確認しましょう。正常に起動ができれば、無事にインストールができているので、すぐに使うことができます。

ソフトを起動するだけでHDDの状態が分かる

CrystalDiskInfoの使い方はとてもシンプルでして、インストールした「CrystalDiskInfo」を起動するだけでHDDの累計稼働時間やHDDの現状が自動で表示されます

表示される項目の中でポイントになるのは、「HDDの健康状態」という項目の色です。

「健康状態」の欄が青色であり、「正常」というマークが出ていれば安心です。その一方で黄色の「注意」や赤色の「危険」が出た場合は、HDDが弱まっているので寿命が近づいていることを意味します。

青色の「正常」なら安全。黄色い色の「注意」や赤色の「異常」が出た場合は、HDDが弱まっています

仮にご自身のパソコンのHDDの健康状態が「注意」または「危険」に該当するようでしたら寿命が近づいている可能性があります。

HDDが起動している間にデータのバックアップを取る事で寿命が来た時に備えたいですね。

ここまで見てきましたようにCrystalDiskInfoを利用すれば、HDDの状況を客観的に診断することができるのです。

もちろんHDDの寿命がいつくるかを正確に診断することはできませんが、HDDの症状からある程度の予測ができます。フリーソフトなので無料で使えますので、HDDの寿命が気になる方はインストールしてみるのが良いでしょう。


寿命が来た、またはすぐ来そうな時の対処策

寿命がきたHDDの処理方法とは?

一般的に寿命が来たHDDは、これから紹介する3つの選択のどれかを行なうことになります。

  • メーカー保証を使う
  • 諦めて処分する
  • HDD復旧業者に預ける

これから説明しますが、寿命がきたHDD内部のデータを復旧したいのでしたらHDD復旧業者を利用することになります。なぜなら、他の2つの選択では、HDD内のデータが確実に消えてしまうからです。

HDDに寿命が来ましたらHDD内部のデータを復旧する必要があるかないかを真っ先にチェックすることをおすすめします。

もしあなたが、寿命が来たHDD内部に保存されているデータを復旧したいのでしたらHDD復旧業者の利用をするのが一番です。優秀なHDD復旧業者でしたら寿命が来たHDDからのデータ復旧も朝飯前です。
HDD復旧業者のおすすめランキング

それでは、それぞれの対処法についてみていきます。

メーカー保証を利用して修理または交換を行う

新品のパソコンを購入すると一定期間メーカーの保証がつきます。一般的には1年〜3年であることが多いようです。

メーカー保障の対象期間中にHDDが故障したり、HDDの寿命が切れた場合は、メーカーが無料または格安価格でハードディスクの交換や修理に対応してくれます。

費用の面でとても嬉しいメーカー保証ですが、メーカー保証にはデータの保証がないことが多いのでHDD内部のデータは確実に消えてしまいます。

このことを考えるとデータの復旧という観点において、メーカー保証はあまり役に立ちません。もしあなたがHDDの修理ではなく、HDDデータの復旧を行いたいのでしたら、専門のHDD復旧業者を利用するのが良いでしょう。
おすすめのHDD復旧業者はこちら



データの復元を望むなら復元業者がおすすめ

復旧を諦めて廃棄する

メーカー保証の期間が切れていたり、データのバックアップを取っているのでしたら、HDDに寿命が来たパソコンを廃棄するのも悪くはありません。

というのも、メーカー保証を使わずに寿命が来たHDDの交換や修理を頼むと相当な金額をメーカーから請求されるからです。

私自身見積もりを出してもらった経験がありますが、新品でパソコンを買い替えるのとほとんどかわらない金額が書かれた見積書が送られてきました。

管理人のケースのように寿命が来たHDDの修理費や交換費を考えるとパソコンを買い替えてしまった方が良い時もあるのです。ただし寿命が来たHDDを処分する際に気を配りたいのは、パソコンの廃棄方法です。

いくら寿命が来ているとはいえ、HDD内部には大量の個人情報が含まれています。個人情報の流出を防ぐためにもデータの消去をしてくれる機関を使って安全にパソコンを廃棄したいですね。

個人的にイチオシの廃棄機関は、パソコン回収.comです。こちらは、本来ならば数千円の金額がかかるパソコンの廃棄を無料で行ってくれますし、データの完全消去の保証までしてくれます。

パソコン.comのサービスを使うには、パソコン.comが指定している送付先に着払いで廃棄パソコンを送るだけ。送料すらかかりませんので非常に使い勝手が良いのでHDDに寿命が来たパソコンを廃棄する際に利用するとよいでしょう。

パソコン.comをはじめとした寿命が来たHDDが搭載されたパソコンを無料で廃棄する方法についてはこれから紹介するページでまとめています。
>>HDD搭載パソコンを無料廃棄する方法

パソコンを処分する為には適切な廃棄方法を知っておきましょう

復旧業者を利用してデータを復旧する

寿命がきたHDDのデータ復旧を行うのでしたら専門のHDD復旧業者の手を借りることになります。

HDD復旧業者の多くは、寿命がきたHDD内部のデータを復旧することができますもし寿命がきたHDDの中に大切なデータがたくさん保存されているのでしたら、HDD復旧業者の復旧サービスを利用するのが良いでしょう。

日本全国には少なくとも数百のHDD復旧業者があると言われおり、各社のデータ復旧技術と復旧価格には大きな差が見受けられます。

せっかく寿命が来たHDDの復旧作業を復旧業者に任せるのでしたら、良質な復旧サービスを割安価格で提供している会社を利用したいですよね。

管理人の知る限りの話ですが、高い復旧技術を安価な価格で提供してくれるという観点においてPCエコサービスの右に出る復旧業者はありません。

PCエコサービスは、寿命が来たHDDとSSDのデータ復旧作業を39,800円という一律価格で請け負ってくれます。一律価格なのでデータの容量が1TB超えるようなケースでも39,800円で対応してもらえます。

均一価格のメリットに加えて2014年度と2015年度におけるデータの完全復旧の成功率はそれぞれ8割を超えていますし、寿命が来たHDDからのデータ復旧の実績も豊富。

復旧金額の面でも寿命が来たHDDのデータ復旧実績にも非の打ち所がないHDD復旧業者です。寿命が来たHDD内部のデータを復旧したいのでしたら利用を検討する価値があるHDD復旧業者の1つです。


PCエコサービスの詳細はこちら





コラム(HDDとSSDのどちらが長持ちするのか?


HDDの寿命とSSDの寿命を比べてみるとどちらが長いと思いますか。

もちろん使い方にもよりますが、一般的にはSSDの方がハードディスクよりも寿命時間は長いと言われています

一般的にはHDDの寿命期間は3年と言われていますが、SSDの寿命期間は5年〜10年と言われています。

それにSSDはHDDと比較するとはるかに衝撃に強いのでパソコンを普通に使っていれば、故障することもほとんどありません。

これらを見る限りではHDDよりもSSDの方が優れているように感じるかもしれませんが、SSDには大きな問題が2つあるのです。

1つ目の問題点としてはデータの書き換えの回数制限があるということです。SSDは何度もデータの書き換えを行うとSSD内部のフラッシュメモリーがパンクしてしまいます。

フラッシュメモリーがパンクするとデータが消えてしまうので、大容量のデータを頻繁に書き換える方にはSSDはあまりおすすめできません。

もしSSDを搭載したパソコンで大容量のデータを頻繁に書き換えるのでしたら、バックアップを定期的に外部メディアに取るのが良いでしょう。

2つ目の問題点というのは、SSDのデータ復旧の難易度はHDDと比較するとはるかに高いということです。

SSDのデータ復旧に対応している復旧ソフトの数は少ないですし、HDD復旧業者の中にはSSDの復旧作業を断る会社もあります。

お手持ちのSSDのデータ復旧を行うのでしたら復旧ソフトを使うのであれ、HDD復旧業者を使うのであれ、SSDのデータ復旧に対応しているかは確認するとよいでしょう。

ちなみに当サイトで人気No1のPCエコサービスはSSDのデータ復旧も得意としておりますし、高額になりがちなSSDのデータ復旧作業を39,800円で請け負ってくれます。

SSDのデータ復旧作業が得意なHDD復旧業者をお探しでしたらPCエコサービスは有力な候補の1つになるかと思います。


PCエコサービスの詳細はこちら