タダでPCを処分するための5つの方法とは?

無料パソコン廃棄方法

使わなくなったパソコンを無料で廃棄できる方法に興味が無いでしょうか?

日本でパソコンを廃棄するにはだいたい3,000円のお金がかかるのですが、無料廃棄サービスを使えば、1円もかけずに使わなくなったパソコンを手放せます

パソコンの無料廃棄サービスを提供している業者は色々とありまして、それぞれの業者の評判とサービスの質は大きく異なります。せっかくパソコンを廃棄するのでしたら、評判が良くて、サービスの質も高い業者を使いたいですよね。

このコンテンツではパソコンの無料廃棄サービスを提供している5種類の業者の特徴とサービス内容の善し悪しについてまとめてみました。
無料パソコン廃棄方法



それでは、それぞれの項目について一緒に見ていきましょう。




パソコンを無料で譲渡または売却する

PCを譲渡・売却

いらなくなったパソコンはまだ動くでしょうか。正常にパソコンが動くのでしたら誰かに譲渡したり格安価格で売却してみてはいかがでしょうか。

まだ動くパソコンでしたら欲しいと思う人は少なから見つかるはずです。欲しいと思う人に譲渡したり格安価格で売却すれば、お金をかけずにパソコンを手放せますしパソコンを受け取った側も幸せになります。まさにウィンウィンです。

親しい友人に売却したり譲渡するのが難しいのでしたらYahooオークションやパソコンショップに売却するのも悪くありません。

売却や譲渡は無料廃棄とは少しずれますが、お金をかけずにいらなくなったパソコンを手放せるので事実上の無料廃棄と言えます。

いらなくなったパソコンを譲渡や売却する際には、HDDに保存されているデータの消去を行いたいですね。

HDDにはあなたがパソコンをいじった時に登録した様々なデータが残っています。その中にはクレジット番号のような個人情報も含まれているはずです。

情報の流失リスクを考えると売却や譲渡を行う際にはデータの消去は欠かせません。
>>パソコン内部のデータを消去する3つの方法

知人・友人への譲渡なら無料で廃棄が可能

メーカーの無料廃棄サービス

パソコンメーカーによる無料廃棄

パソコンの製造メーカーは、資源有効利用促進法によって製造したパソコンの無料回収が義務付けられています。

この法律があるので製造メーカーに連絡をすれば、いらなくなったパソコンを無料で回収してもらえます。しかもメーカーの無料回収は、パソコン内部のデータをメーカー側が責任を持って消去してくれます

無料でパソコンの廃棄ができるのにデータの消去の保証までしてくれるのは嬉しいですよね。とても便利なメーカーの無料回収はこれから紹介する3つの条件を満たすパソコンでしたら誰でも利用することができます。

  1. 製造年度が2003年以降である
  2. PCリサイクルマークの付着されている
  3. 依頼するメーカーの製品であること。

これらの条件が一つでも欠けると有料回収になってしまいますのでその点は注意しましょう。個人的には先ほど紹介した3つの条件が満たされるのでしたら非常に優れた無料廃棄方法だと思います。


データの消去を保証してくれるパソコン廃棄.com

パソコンリユース企業による無料廃棄

最近話題のパソコンの無料廃棄方法の1つにパソコン廃棄.comをはじめとしたパソコンリユース企業の利用があります。

「パソコンリユース企業って何?」と思う方もいるかと思いますので、パソコンリユース企業のビジネスモデルを紹介します。パソコンリユース企業は、いらなくなったパソコン無料回収し、そのパソコンのパーツを分解して販売しています。

パソコンリユース企業は、いらなくなったパソコンを無料で回収してくれるのでパソコンを無料で廃棄したい人によく利用されます。

しかもパソコンリユース企業の多くは、回収したパソコンに保存されているデータを無料で消去してくれます

中でもパソコン廃棄.comは、個人情報保護に力を入れている事業者に認定されるプライバシーマークを保有しています。情報保護に力を入れているパソコンリユース企業ですので、情報流出の心配をせずにパソコンを送ることができます。

パソコン廃棄.comの無料廃棄サービスの使い方はとてもシンプルでして、廃棄予定のパソコンをダンボールに詰めて送るだけです。送料は着払いにしても良いので、費用の面での負担は一切ありません。

メーカーの無料廃棄サービスの対象にならない旧式のパソコンや不具合を起こしたパソコンも無料回収の対象になります。

パソコン廃棄.comの無料廃棄サービスは使い勝手が抜群ですのでパソコンの無料廃棄方法をお探しの方には大いに役に立ちます。

着払いで送るだけで無料で廃棄可能。

不用品回収業者にパソコンを引き渡す

不用品回収業者。

不要品回収業者に連絡をすれば、壊れたパソコンも無料で回収してくれます。不良品回収業者はインターネットで調べてみればたくさん出てきますし、連絡をすれば家まで回収に来てくれます。

とても便利な不良品回収業者を利用する際は、これから紹介する2つのポイントをきちんと頭に入れた方が良いかと思います。

1つ目は、ほとんどの不要品回収業者は無許可で営業している違法な業者であることです。無許可で営業している業者を不用意に利用すると知らないうちにトラブルに巻き込まれる可能性があります。

トラブルに巻き込まれないためにも不要品回収業者を使う際は、営業許可を受けている業者を利用した方が良いでしょう。

2つ目の注意点は、ほとんどの不要品回収業者は廃棄パソコンに保存されているデータを消去せずに回収することです。廃棄したパソコンが誰かの手に渡るとパソコンに保存されているデータが漏洩するリスクがあります。

不良品回収業者にパソコンの廃棄を任せるのでしたら、廃棄前にHDDを破壊しておいた方が良いでしょう。 個人的には、個人情報や機密データが詰まっているパソコンの廃棄には適さないと思います。

不用品回収業者はあまりおすすめできない。

ヤマダ電機やビックカメラの廃棄サービス

家電量販店の無料廃棄。

ヤマダ電機やビックカメラをはじめとした大手の家電量販店は、いらなくなったパソコンの買い取りサービスと下取りサービスを提供しています。

大手家電量販店の買い取りサービスの良い点は、無料廃棄ができることに加えてお金までもらえることです。しかもデータの消去まで保証してくれるので情報漏洩の心配も必要ありません。

パソコンが著しく古かったり、破損がひどくて買い取りサービスの対象にならない場合は、下取りサービスを利用しましょう。

下取りサービスというのは、新しいパソコンを買う時に不要なパソコンを引き取ってくれるサービスです。このサービスは厳密にいうと無料廃棄とは違いますが、新しいパソコンを買う時にいらなくなったパソコンを無料で手放せます。

それに家電量販店の中には下取りサービスを使うと新品のパソコンの購入費の一部を差し引いてくれることもあります。古いパソコンを廃棄して新しいパソコンを買う予定がある人には都合の良いサービスです。

パソコンの廃棄サービスを提供している家電量販店の中で管理人のイチオシはヤマダ電機です。ヤマダ電機の無料廃棄サービスは、いらなくなったパソコンを着払いで所定の場所に送れば無料で引き取ってくれます。

しかもヤマダ電機の無料廃棄サービスは、パソコン内部に保存されているデータの消去の保証までしてくれます。パソコン内部のデータを完全消去した上で独自の廃棄ルートで廃棄してくれるので情報漏洩のリスクはありません。

しかもヤマダ電機の無料廃棄サービスを使うと200円分のヤマダ電機のポイントがもらえます。本来ならばお金がかかるパソコンの廃棄を無料でやってくれてポイントまでもらえるなんて嬉しいですよね。

いらなくなったパソコンをお持ちの方は、ヤマダ電機の無料廃棄サービスを使ってショッピングで使えるポイントをもらいましょう。

大手家電量販店なら下取りや無料回収も。

5種類の無料廃棄方法の中のベストはどれ?

このコンテンツでは、いらなくなったパソコンを無料で廃棄することができる5つの方法を紹介してきました。

今回紹介した5種類の無料廃棄方法には、それぞれ強みと弱みがあります。

どの廃棄方法が良いかはあなたの要望次第ですが、管理人のイチオシはパソコン廃棄.comをはじめとしたパソコンリユース企業です。

「え、なんで?」という突っ込みあると思いますので、他の無料廃棄方法と比較した上で際立つパソコンリユース企業の3つの強みを紹介します。

  1. 無料対象になるパソコンが多い
  2. 廃棄手続きが楽であるため
  3. データ消去の保証してくれる

特に3つ目のデータの消去を保証してくれるという点がポイントになります。情報漏洩のリスクを気にせずにいらなくなったパソコンの無料廃棄ができるので個人情報が詰まったパソコンの廃棄にも使えます。

パソコンリユース企業を利用するには、廃棄予定のパソコンを業者が指定する住所に送るだけです。しかも着払いが使えますので配送料は無料です。

他の4つの業者の無料廃棄サービスも役に立ちますが、使い勝手の良さはパソコンリユース企業が一番だと思います。

このコンテンツが、パソコンの無料廃棄方法をお探しの方のお役に立てますと幸いです。このコンテンツに目を通された方の多くは、これから紹介する2種類のコンテンツにも目を通しております。

廃棄予定のパソコンのデータを復旧する方法
パソコンの廃棄前にデータ消去を行うべき理由