9割強のデータ復元確率

9割強のデータ復元確率。データソリューションセンター 93%のデータ復旧実績。クラウドを利用したデータ復旧サービス。HDDの復旧にビックデータを活用

これらが、データソリューションセンターというHDD復旧業者の特徴。このコンテンツをご覧になられている方の中には、データ復旧業者に関する情報を集められている方もいると思います。 そのため、今回はデータの復元にビックデータを利用しているデータソリューションセンターというHDD復旧業者を紹介します。

同社は、国内の復旧業者の中で唯一ビックデータによる統計解析をデータの復元に活用。これにより、実際にデータの復元業務に移る前に過去の統計データからHDDの状況を把握することができます。

実際、データの復元や初期診断時に行なうHDD本体の分解作業は、不必要に本体に刺激を与えるので復旧可能性を下げてしまいます。ビックデータによる過去の統計データを利用することで不必要な分解や不要な復旧作業を削減

また、実際にデータの復元する際には、クラウドを利用して複数のパソコンを使ってHDDを復旧します。これにより、破損したデータの復元をしながら、復元中のデータのバックアップを取ることが可能になります。

このような工夫を行なうことで不必要にHDDに傷をつけることや復旧作業中にデータを喪失することを予防。


4項目からのサービス検証

ここからは、データソリューションセンターの復旧サービスをセキュリティー対策・費用・日数・データ復元技術という4つの項目を中心に紹介します。下記にて同社が提供しているサービス内容を一覧化しました。

セキュリティー対策・費用・日数・データ復元技術の4つのポイント
セキュリティー 復元データを暗号化  
外部のセキュリティー会社と連携
24時間体制のセキュリティーシステムの実施
過去15年間で一度も情報漏洩がない
HDD復旧 価格 軽度の論理障害 10,000円〜90,000円
中度の論理障害 10,000円〜140,000円
重度の論理障害 10,000円〜170,000円
軽度の物理障害 50,000円〜190,000円
中度の物理障害 50,000円〜190,000円
重度の物理障害 50,000円〜190,000円
データ復元日数 HDDが届き次第6時間以内に初期診断を完了
通常2日程度でデータの復元業務が完了
必要に応じて24時間以内でのデータ復元も可能
データ復元技術 データの復元とバックアップを同時に実行
重度の物理障害を起こしたHDDの復旧も対応
データ復旧率9割以上
対応可能なメディア 各種HDD
NAS
RAID
各種サーバー
スマーフォン
各種メモリーカード
CD・DVD
その他
その他の特徴 クラウドとビックデータを利用
初期診断無料
完全成果報酬型


15年間情報トラブルゼロ

データソリューションセンターのセキュリティーの特徴は、復元したデータを暗号化してくれることです。これにより、ハッキングされたとしてもデータの漏洩はありません

また、外部のセキュリティー会社と連携したセキュリティー対策を社内で実施。このような高いセキュリティー保護により、創業以来15年間情報関係のトラブルがありません。

復元したデータを暗号化。15年間情報トラブルゼロ

復旧の上限金額がたったの19万円

データソリューションセンターは、復旧するHDDの障害区分と容量という2つの項目から料金を出します。復旧金額には上限があります。最も高い金額を設定している重度の物理障害を起こした6,0TB以上の容量を持つHDDの復旧金額は、190,000円です。

なお、一般的なパソコンである500GB〜640GBのパソコンの場合は、以下の金額になっています。

復旧HDDの容量 個人用料金
軽度論理障害 10,000〜40,000円
中度論理障害 50,000〜90,000円
重度論理障害 110,000〜140,000円
軽度物理障害 110,000〜140,000円
中度物理障害 140,000〜170,000円
重度物理障害 180,000〜190,000円


このように各症状に応じてデータの復元に必要になる金額の範囲が明示されています。重度の物理障害を起こした大容量のHDDも190,000円で復旧してくれるので良心的な価格設定。詳しい復元金額は、初回の無料診断時に症状と合わせて教えてもらえます。

24時間でデータの復元が可能なスピード感

データソリューションセンターは、ビックデータとクラウドを利用してデータの復元を行なうので他社よりも素早くデータの復元が可能です。ビックデータを利用することでHDDの初回診断にかかる時間と不必要な修復作業を削減しています。

これにより、初回診断の結果を6時間以内に出し、基本的なデータの復元は2日程度で可能。また、早急な対応が必要な場合は、特急サービスを利用すれば初回の診断からデータの復元までの流れを24時間以内に完了してくれます。

特急サービスなら診断から復元まで24時間

クラウド技術によりデータ復元率は9割強

データソリューションセンターは、ビックデータクラウドを使ってデータの復元を行います。過去の統計データを利用することで不必要な作業をせずにHDDの復旧を行います。その結果、素早くかつ正確なデータ復元業務を実現。このような理由で9割強という高いHDD復旧率を誇ります。

ビックデータとクラウドの利用で復旧率9割強

ビックデータを利用した日本唯一のHDD復旧業者

他のHDD復旧業者と比較した上でのデータソリューションセンター強みは、お手頃感です。同社は、ビックデータを利用することで他の多くの業者よりも確実なデータの復元が可能。

他方で重度の物理障害を起こした大容量のHDDも190,000円以下の金額で復旧してくれます。この190,000円という値段は、他社の3分の1程度の金額です。また2日程度でデータの復元を行ってしまうので復旧スピードも業界内でトップレベルです。

費用は他社の1/3程度。復元日数は2日程度

このように安くて素早いデータの復元を可能としているは、過去の統計データを利用することで無駄な業務を削減しているからです。ビックデータを利用することで他社よりも高いデータ復元技術を安くかつ素早く提供。


大容量のHDDを復旧する方におすすめ

データソリューションセンターの利用がとりわけおすすめなのは、1TB以上の大容量のHDDの復旧を希望する方です。同社は、6TB以上の超大容量のHDDの復旧作業を190,000円以下で担当してくれます。

本来、重度の物理障害を起こした大型のHDDの復旧作業は困難なので、高額の復元費用と復旧期間を要します。他方で同社の場合は、ビックデータを活用することで上限金額を190,000円に設定。復元日数も数日ですみます。大容量のHDDの復旧には、価格の面でもスピードの面でもピッタリ。


いかがでしょうか。このコンテンツでは、ビックデータを利用することで高いデータ復元技術を「安価でかつ素早く」提供しているデータソリューションセンターを紹介しました。

確実なデータ復元技術を良心的な金額で提供してくれるお手頃なHDD復旧業者をお探しの方には、データソリューションセンターがおすすめです。なお、同社に関心を持った方には下記の業者も相性抜群。

復旧作業の上限金額が魅力のデータ復旧テクニカルセンター
明示化した料金が魅力の松下農園IT事業部