業界水準以上の技術×他社の半額で復元DATA OK

他社の半額でデータ復元

他社の半額

「他社の半額以下で物理障害に対応可能」
「即日のデータ復元が可能」
「金額に明確な上限を設けている」

これらが、DataOKというHDD復旧業者の特徴です。このコンテンツに目を通されている方の多くは、HDDデータの復元をしてくれる専門業者を探していると思います。

そのためこのコンテンツでは、他社の半額以下の金額で重度の物理障害に対応してくれるDataOKについて紹介します。

DataOKの特徴は、他のHDD復旧業者と違ってHDDの物理障害にも格安で対応してくれることです。この物理障害というのは、HDDというパソコン内部の記憶装置に異常が生じることでパソコンが正常に動かなくなっている状態です。

具体的なケースとしては、パソコンにコーヒーをこぼしてHDD内部の部品が水濡れする。パソコンを落としたり、踏んでしまってHDD内部の部品がかけたり、割れたりすることです。

このような物理障害が発生するとパソコンが正常に起動しなくなります。正常に起動しないパソコンの場合、業者によってはデータの復元が難しいケースが多いです。

また、物理障害に対応可能な業者であってもデータの復元に高額な料金を請求することがよくあります。業者に物理障害を起こしたHDDデータの復元を頼んだところ、50万円以上の見積もり金額を出された人もいます。

ここで紹介するDataOKは、自社内に多くのHDDの部品を備えているので他の業者の半額以下の金額で物理障害に対応してくれます。加えてDataOKは、HDDデータの復元費用に144,900円という上限金額を設定

重度の物理障害も他社の半額以下で対応可能

さらに100万円以上の金額を請求される可能性があるNasの復旧作業には、28万円という上限金額を設けています。このようにDataOKは、物理障害を起こしたHDDデータの復元を安価に行ってくれることが大きな特徴です。


DataOKの4つの特徴紹介

ここまでは、DataOKというHDD復旧業者の大きな特徴について紹介いたしました。ここからは、金額・復旧時間・復旧技術・セキュリティーという4つのポイントを中心にDataOKの具体的なサービスを紹介します。

金額・期間・技術・セキュリティ4つのポイント
セキュリティー 物理的な区間分離・出入統制
情報セキュリティー管理者による個人情報保護
制限区域の設定
接近制限セキュリティー設備
侵入者に対する入退室管理
アクセス権限の設定
HDD復旧 価格 軽度論理障害 25,000円
重度論理障害 48,000円
軽度物理障害 88,000円
重度物理障害 144,900円
データ復元日数 各種論理障害 : 3時間〜3日程度
軽度物理障害 : 6時間〜5日程度
物理重度障害 : 5日〜10日
初期診断は、最短1時間
特急サービスあり
データ復元技術 物理障害対応可能
他社で復旧ができなかったHDDも復旧可能
対応可能なメディア HDD
各種RAID
各種サーバー
NAS
各種OS
データベース
各種メモリー
その他の特徴 24時間専門家無料相談
日曜・祝日もデータ復旧受付可能
成功報酬制
見積もり後の追加料金なし
見積もり後のキャンセル料なし
サーバーの復旧に訪問可能


外部からの侵入を防ぐセキュリティー体制

DataOKは、自社で情報セキュリティー管理者を設けて個人情報の保護に取り組んでいます。同時に認証カードとアクセス権限を社内に設置することで関係者以外の人が、顧客データを閲覧できないようにしています。 このような情報保護を社内で行っているので情報漏洩の心配がありません。

自社内で万全の情報保護体制

良心的な価格設定

DataOKの特徴は、固定金額でデータの復元を行ってくれることです。そのため、高額な金額を請求されることがありません。なお、固定金額は相場の半額以下です。

とりわけ特徴的なのは、物理障害の金額です。軽いレベルの物理障害ならば、金額が8万8000円であり、重度の物理障害でも14万4,900円で対応してくれます。

また容量制限がなく、純粋な不具合の度合いに応じた金額でデータの復元をしてくれます。他の業者に頼むと30万円以上の金額がかかる重度の物理障害でも半額以下で対応してもらえます。

なお、NASの復旧に関してはさらにお得です。症状に応じて5段階の固定金額に分かれており、最も症状がひどいケースでも28万円という上限金額を設けています。

このようにデータの復元作業を良心的な金額で提供していることが特徴です。初回の無料診断時に具体的な料金の見積もりを出してもらえます。成果報酬型の料金システムを採用していることと見積もり後に追加金額が発生しないという特徴もあります。

DataOKなら他者の見積もりの半額以下

復元スピードの選択が可能

論理障害の復旧スピードの目安は、3時間〜3日です。軽度の物理障害は、6時間〜5日間、重度の物理障害の場合は、5日〜10日間が復旧の目安です。

このためHDDの復旧スピードは他の業者と比較して格段に早いとはいえませんが、通常の復旧料金の1.5倍を払えばExpressサービスを受けることができます。このExpressサービスは、重度の物理障害であっても72時間以内に復元したデータを届けてくれます。

このようにデータの復元スピードを選べることがDataOKの大きな魅力です。

Expressサービスなら重度障害でも72時間以内に復元

他社に断られたHDDも復元可能

自社でHDDの部品を備えているので自社内で重度の物理障害に対応可能です。さらにDataOKは、「超精密復旧サービス」というデータ復元サービスを提供しています。このサービスの特徴は、他の業者で復元できなかったHDDを復旧してくれることです。

一度業者に分解されたHDDは復旧が難しいのですが、DataOKは他社で分解したHDDの復旧実績が多数あります。このように重度の物理障害と他社で復元ができなかったHDDの復旧に対応可能な点がDataOKの特徴です。

他社で対応できないデータ復元も対応可能。超精密データ復旧

相場の半額以下で対応してくれるHDD復旧業者

相場の半額以下で対応可能な復旧業者

DataOKが他のHDD復旧業者よりも優れている点は、重度の物理障害とNASの復旧を格安で実施してくれることです。

実際、重度の物理障害を起こしたHDDやNASのデータ復元に対応していない業者は少なくありません。加えて対応してくれる業者も高額な料金を請求するのでデータの復元を諦めなくてはいけないことがよくあります。

DataOKは、重度のHDDの復旧とNASのデータ復元に固定金額を設けています。そのため、あらかじめ予算の目安を立てることができ、固定金額の上限も他社の半額以下なので非常に良心的な金額です。

重度の物理障害にも対応可能なのでデータの復元技術も業界の水準以上といえます。このように業界の水準以上の復旧技術を、他社の半額以下で提供していることがDataOKの大きな特徴です。


復旧金額ならDataOK

実績よりも価格を重視する方向け DataOKの利用が最もおすすめの人は、これまでの実績よりも価格を重視する方です。

重度の物理障害を14万円台、NASのデータ復元費用の上限を28万円に設定している業者は非常に珍しいです。また復旧スピードに関しては、Expressサービスを利用すれば短期間でデータの復元をしてもらえます。 このように過去の実績よりも価格を重視する方向けの業者といえます。


いかがでしょうか。このコンテンツでは、業界の水準以上のデータ復元技術を他社の半額以下で提供しているDataOKを紹介しました。「安さと高いデータの復元技術を兼ね揃えた業者を探している」という方には、DataOKがおすすめ。 同社に興味を持たれた方には、下記の3つのHDD復旧業者も相性が良いです。

復旧作業の質と価格が魅力のギガデータ
総合力の高いHDD復元業者
96%の復元率が魅力の格安業者